細貝圭と峯岸みなみのハグは浮気なの?佐藤仁美と結婚までの経緯を紹介!

こんにちは。

佐藤仁美さんとの結婚を発表した細貝圭さん!

しかしちょっと前に峯岸みなみさんとのハグを報道されてましたけど…交際期間かぶってません?

大丈夫なんでしょうか?

今回は

  • 細貝圭と峯岸みなみのハグは浮気なの?
  • 細貝圭と佐藤仁美と結婚までの経緯

について紹介していきます。




細貝圭と峯岸みなみのハグは浮気なの?

佐藤仁美さんとの結婚を発表した細貝圭さんの記事のツイートです↓

しかし細貝圭さんは今年の4月に、峯岸みなみさんとの密着してるところを撮られちゃってます!

細貝圭さんと峯岸みなみのハグ写真のツイートです↓

佐藤仁美さんと細貝圭さんが付き合い出したのは昨年の1月以降なので、バッチリ佐藤仁美さんと交際期間中ですね。

佐藤仁美さんはこれどう思ったんでしょう…。

峯岸みなみさんとの記事の内容を紹介します。

女性はAKB48の峯岸みなみ(26才)、男性は俳優の細貝圭(34才)だった。同じ事務所に所属するふたりは、舞台『ミュージカル ふたり阿国』(3月29日~4月15日、東京・明治座)で共演。この日は舞台を終え、関係者たちと食事会に向かった。それぞれ帰途につく中、峯岸と細貝は話に花が咲いているのかなかなか帰らない。いつのまにかふたりきりになると、細貝は峯岸に顔を寄せたり、軽くハグしたり…。お酒もまわっているのかふたりの頬は赤い。

15分ほど身を寄せ合っていたふたりだが、細貝は手を振りながらタクシーに乗り込み、峯岸も次のタクシーへと乗り込んだ。

「峯岸は、今回の舞台に全勢力をかけていたんですが、細貝くんはその大切な共演仲間。確かに彼は帰国子女ということもあって普通にスキンシップをするタイプですね。ただ、彼にはれっきとした本命彼女がいるそうですよ。」

情報元:ライブドアニュース

記事によると、あの写真のは細貝圭さんが帰国子女特有のスキンシップを発揮してしまっただけで、本命は別にいると語っています。

なるほど、本命が佐藤仁美さんだったわけですね。

しかし彼女の立場としては「帰国子女だから」では許せませんよね(笑)

夜中に道端で女性と二人のこんな写真取られたら、ブチギレです。

その後細貝 圭さんと峯岸みなみさんは謝罪のツイートでをしました。

謝罪する峯岸みなみさんのツイートです↓

細貝圭さんの謝罪のツイートです↓

細貝圭さんは「誤解」と強調してるように思います(笑)

ちなみにその日の佐藤仁美さんのインスタ投稿の写真です↓

この投稿をInstagramで見る

 

いつかの朝帰り。あくび。うつった? #今日は #早起き #早く寝過ぎて #早く目が覚めた #ツナマヨおにぎり食べた #うんまっっっっっ

佐藤仁美さん(@sato.hitomi.19791010)がシェアした投稿 –

いつかの日の朝帰りの強烈な表情を投稿しています。

これは佐藤仁美さんの心情を現していたのではないでしょうか(笑)



細貝圭と佐藤仁美と結婚までの経緯

佐藤仁美さんと細貝圭さんの結婚に関する記事の一部を紹介します。

女優の佐藤仁美(39)が、俳優の細貝圭(34)と結婚することが18日、分かった。交際約1年でのゴールイン。2人とも誕生日が10月10日で、佐藤が5歳年上。早ければ、佐藤が40歳を迎える今年の誕生日にも婚姻届を提出する予定。

2人は17年8月に舞台「History of Pops」で共演し、仲良くなった。佐藤は同年10月のツイッターで、一緒に誕生日を祝ったことを明かし「同じ誕生日の細貝圭くん お祝いにきっつーいお酒をもらった」などと紹介。昨年1月にも「細貝圭くんの舞台見に行って来たよ~」とつづっており、その後に本格的な交際がスタートした。

情報元:ヤフーニュース

記事によると付き合い始めたのは、去年の1月以降ということでした。

交際期間1年ということなので、佐藤仁美さんがライザップで激やせしたのを支えたのは彼の存在なのかも!

まだ入籍はしていません!

佐藤仁美さんと細貝圭さんが同じ誕生日である10月10日に、入籍する予定です。

佐藤仁美さん支持女性は多いので、裏切ったりすると怖いですよ(笑)



細貝圭と峯岸みなみのハグは浮気・佐藤仁美と結婚までの経緯のまとめ

今回は

  • 細貝圭と峯岸みなみのハグは浮気なの?
  • 細貝圭と佐藤仁美と結婚までの経緯

について紹介していきました。

調べたことをまとめてみました。

  • 細貝圭と峯岸みなみは浮気じゃないけど、彼女の立場としてはアウト!
  • 細貝圭と佐藤仁美は誕生日が一緒で、10月10日に入籍

佐藤仁美さんと細貝圭さん、これから仲良く幸せになってほしいですね!

最後まで読んでいただいてありがとうございました。