宮崎科学技術館に無料駐車場はある?周辺の有料駐車場の料金や場所も紹介!

こんにちは!

今回は宮崎人なら一度は行ったことのある、宮崎科学技術館について紹介していきたいと思います!

今はコスモランドとも呼ばれてるようです。

直径27メートルもあるプラネタリウムも、かつてギネスブックにも載った世界最大級の大きさです。

今は新しく建築されたものに抜かれてますが、未だに大きさは全国4位(タイ)の大きさ!

九州では1番です!

 

今回は、

  • 宮崎科学技術館に無料駐車場はある?
  • 周辺の有料駐車場の料金や場所

について紹介したいと思います。

関連記事はコチラ



宮崎科学技術館に無料駐車場はある?

市が運営し、公共の施設である科学技術館。

宮崎県民なら遠足や、雨の日のお出かけのお約束の場所です。

私も小さい頃は行ったな~と懐かしみつつ、子供を連れていきました。

【宮崎科学技術館の無料駐車場の情報】

  • 場所:科学技術館の北側
  • 電話番号:0985-23-2700(宮崎科学技術館)
  • 駐車可能台数:40台

科学技術館には北側に無料駐車場があります。

しかし駐車台数は40台と少なめ…。

休みの日など、混雑する日はお昼前には駐車場に入れないなんてことも!

車で入り口に並んでいたら警備員の方が、一台出るごとに案内してくれます。

しかし駐車場の入口は交差点と近いので、あまり行列して待つことも出来ません。

更に車の中の子供たちは早く遊びたいとはしゃぐので、仕方ないので近くの有料駐車場に駐めるため探してみました。



周辺の有料駐車場の料金や場所も紹介!

それでは周辺にある有料駐車場を調べてみました。

①が宮崎科学技術館です。

②タイムズ宮崎銀行東宮崎支店

一番近くにある有料駐車場と言えば、大通りをはさんだココですね!

科学技術館までは、横断歩道を渡って徒歩で1分程度。

銀行の駐車場なので、セキュリティ面はかなり期待できると思います。

料金はこちらです↓↓

月~金8:45~15:00 30分 200円
15:00~18:00 60分 200円
18:00~08:45 60分200円
18:00~8:45 最大料金200円
土・日・祝8:45~18:00 60分 200円
18:00~08:45 60分 200円
8:45~18:00 最大料金500円
18:00~08:45 最大料金200円
  • 住所:宮崎県宮崎市宮崎駅東1-4
  • 電話番号:0985-28-2145(銀行)
  • 駐車可能台数:55台
  • 利用可能時間:24時間
  • 科学技術館までの距離:100メートル


③宮崎市総合体育館駐車場

科学技術館が案内する駐車場は、この立体駐車場です。

遠そうに感じますが、歩くと3~5分程度です。

料金はこちらです↓↓

平日・土日祝1時間:200円
※最初の1時間は無料
8:30~22:15 最大料金500円
22:15~8:30 最大料金500円
  • 住所:宮崎県宮崎市宮崎駅東1丁目3
  • 電話番号:0985-29-5603(総合体育館)
  • 駐車可能台数:455台
  • 利用可能時間:8:30~22:15
  • 科学技術館までの距離:250メートル

④宮崎駅東口駐車場

科学技術館の近くの、交差点をはさんだ向こう側にあります。

交差点で横断歩道を2回渡ることになるので、遠く感じるかもしれませんが、徒歩3分程度です。

料金はこちらです↓↓
昼間6:00~21:00 50分 100円
昼間通し 600円
夜間21:00~6:00 50分 100円
夜間通し 500円
  • 住所:宮崎県宮崎市宮崎駅東2丁目1
  • 電話番号:0985-23-3311
  • 駐車可能台数:244台
  • 利用可能時間:24時間
  • 科学技術館までの距離:200メートル


宮崎科学技術館に無料駐車場のまとめ

今回は、

  • 宮崎科学技術館に無料駐車場はある?
  • 周辺の有料駐車場の料金や場所

について紹介してきました。

一番近いのは徒歩1分、遠くても徒歩5分です。

どこも5分以内なので近いですね!

後はどのくらい遊ぶかで料金が変わってきます。

4時間以内なら、宮崎市総合体育館駐車場で300円。

でもそれ以上遊ぶなら最大料金は500円で、タイムズ宮崎銀行東宮崎支店と同額です。

それなら一番近い、②タイムズ宮崎銀行東宮崎支店に駐めるほうが便利ですよね。

科学技術館にはいろんなテーマのプラネタリウムもありますし、実験の展示物も楽しくって意外と長時間遊んでしまいます。

実際うちの子たちは4時間遊び倒しました…。

ただ館内での飲食は禁止なので、再入場が基本です。

半券はなくさないようにしましょう!

みなさんも是非、童心に帰った気持ちで宮崎科学技術館を楽しんでください!

それでは楽しい休日を!

関連記事はコチラ