こんにちは。

中曽根元首相が亡くなったというニュースが入ってきました!

国鉄民営化など様々な民営化を進めた有名だった政治家となって、お別れ会や告別式に行きたいという方も多いのではないかと思います。

今回は

  • 中曽根康弘元首相のお別れ会や告別式はいつ?
  • 中曽根康弘元首相の死因や入院していた病院

について紹介していきます。




中曽根康弘元首相のお別れ会や告別式はいつ?

中曽根元首相の写真です。

中曽根元首相が亡くなったのは、11月29日の午前中でした。

今の所、葬儀屋やお別れ会・告別式などの予定は分かっていません。

わかり次第追記します。

今年5月21日に亡くなった第1次安倍改造内閣の官房長官などを歴任していた、与謝野元財務相は、7月5日にお別れ会が開催されています。

葬儀からは時間を置いて、しっかりとした会場でする傾向にあるようです。

追記:中曽根元首相の通夜が12月2日(月)。

告別式が12月3日(火)に密葬にて行われます。

元首相のお別れ会は、内閣と自民党の合同主催で行われるようなので、一般客は行けないかもしれません。



中曽根康弘元首相の死因や入院していた病院

中曽根元首相は101歳だったということで、死因は「老衰」でした!

老衰とは、ゆっくりと木が枯れていくように老いて亡くなってしまうことです。

まさしく寿命という亡くなり方ですね!

100歳超えていれば、大往生です。

入院していたのは「都内病院」とされていて、明かされていません。

政治家や芸能人がよく利用する病院は

  • 虎の門病院
  • 慶応大学病院
  • 聖路加病院
  • 東京大学病院
  • 順天堂病院

などの、特別室などの施設があって情報管理がしっかりしているところなようです。

ここのどこかの可能性が高いと思います!



中曽根康弘元首相のお別れ会や告別式はいつ?死因や入院していた病院まとめ

今回は

  • 中曽根康弘元首相のお別れ会や告別式はいつ?
  • 中曽根康弘元首相の死因や入院していた病院

について紹介していきました。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。