こんにちは。

地球最大級の台風19号が通り過ぎて、広範囲で災害が発生しました。

その被害は台風が過ぎ去った今も収束していません。

こんな中10月22日(火)に、天皇即位パレードが実施されるのかどうかが話題になっています。

今回は

  • 天皇即位パレード(祝賀御列の儀)の中止や延期で休みが増える可能性はある?
  • 天皇即位パレードと台風19号の甚大な被害の影響は?

について紹介していきます。

関連記事




天皇即位パレード(祝賀御列の儀)の中止や延期で休みが増える可能性はある?台風19号の甚大な被害の影響は?

天皇即位パレードの中止がSNS上で話題になっています。

その理由はもちろん台風19号で、全国各地が甚大な被害があったからです。

「災害に苦しんでいるときに、天皇即位パレードなんて贅沢な事をしないでそのお金を被災地に回せ!」

「たくさんの被災者がいるのにパレードで浮かれる気分にならない」

と色んな意見が出ています。

延期や中止の可能性はある?

結論から言うと、台風19号の対応を理由に天皇即位パレードが11月10日(日)へと延期です!

10月17日に政府が延期の方向で考えているとしました。

政府は、今月22日に、天皇陛下が即位を内外に宣言される「即位礼正殿(そくいれいせいでん)の儀」や祝賀パレードの「祝賀御列の儀」など天皇陛下の即位に伴う式典を実施するため、各府省庁あげた態勢で準備を進めてきました。

しかし、台風19号により広い範囲で甚大な被害が発生したことから、政府は、被災地への対応に万全を期すため、一連の式典のうち「祝賀御列の儀」を当面、延期する方向で調整に入りました。

一方、「即位礼正殿の儀」や祝宴にあたる「饗宴(きょうえん)の儀」については、予定どおり行うことにしています。

情報元:NHKニュース

これまでは天皇即位パレードを行うとしていたのに、いきなり意見を変えましたね。

15日の会見でも菅官房長官がはっきり明言しています。

菅義偉官房長官は15日の記者会見で、天皇陛下の即位に伴う22日の「即位礼正殿の儀」と、即位を祝うパレード「祝賀御列の儀」を延期せず、予定通り実施する考えを示した。広範囲に被害が及んだ台風19号の影響を問われ「準備は淡々と進める」と述べた。

情報元:ヤフーニュース

天皇即位パレードは正式名称「祝賀御列の儀」と言って、法律で定められた国事行為です。

天皇お一人の考えで、中止や延期に出来るわけではないのです。

この決定には

  • 皇室
  • 内閣
  • 宮内庁

などが話し合った結果でしょう。

国として祝賀パレードを行なうと決定しているので、取りやめる際には内閣の証人など正式な手続きを踏まなければなりません。

また即位礼・晩さん会では、各国の要人も招いています。

スケジュールの関係もあるので、「饗宴(きょうえん)の儀」は中止や延期としなかったのでしょう。

10月15日(火)に天皇皇后両陛下は、台風19号で被害に合われた方に対してお見舞いの気持ちをあらわしました。

そして10月20日(日)に予定されていた上皇后様の85歳の誕生日を祝う祝賀行事は取りやめになるようです。

それに台風20号のたまごが近づいてますね。

パレードは雨天の場合は26日(土)に開催される予定になっています。

関連記事⇒2019台風のたまご(20号)の世界の予想最新情報!米軍とヨーロッパ・Windyなど進路予想まとめ!

台風が来て中止にするくらいなら、早めに台風対策で中止にしたほうが政府に対する国民の心象もいいですよね。

ということは、10月22日の交通規制は一部解除ということでしょうか。

「即位礼正殿の儀」や海外の要人を招いて行う祝宴にあたる「饗宴(きょうえん)の儀」は行われるので、全部ではないでしょうね。



延期となった場合休みになる?

2019年の

  • 4月30日
  • 5月1日
  • 5月2日
  • 10月22日

は「天皇の即位の日及び即位礼正殿の儀の行われる日を休日とする法律」で祝日になりました。

この法律では「即位礼正殿の儀」が行われる日を休日にするとしていました。

なので、即位礼正殿の儀は10月22日に予定通りに行われるので、これ以上休みが増える可能性は低いですね。

新たな祝日を設定するにはまた法律に従って、閣議決定する必要もあるので、30分ほどのパレードだけのためにそこまでのことはしないと思います。



台風19号の甚大な被害の影響

今回の台風19号の被害状況です。

※10月15日時点

  • 堤防決壊は37河川52か所 越水など延べ181河川
  • 住宅の浸水被害、少なくとも1万棟以上
  • 土砂災害 19都県で140件
  • 断水 13都県で13万8000戸以上
  • 東京電力管内 約2万400戸で停電(15日午前6時)
  • 中部電力 長野県内 約2万1000戸で停電(14日午後8時現在)
  • 東北電力管内 約1600戸で停電(15日午前6時)

NHKニュースのまとめた被害のまとめです。

【川の氾濫】

国が管理する河川で堤防の決壊が確認されたのは、7つの河川のあわせて12か所です。

▽阿武隈川 福島県須賀川市浜尾
▽吉田川 宮城県大郷町粕川
▽都幾川 埼玉県東松山市早俣
▽越辺川 埼玉県東松山市正代と川越市平塚新田
▽那珂川 茨城県那珂市下江戸、常陸大宮市野口と伊勢畑
▽久慈川 茨城県常陸大宮市の富岡、塩原、下町
▽千曲川 長野市穂保

また、7つの県が管理する合わせて32河川40か所でも、堤防の決壊が確認されています。

▽福島県 14河川 ▽宮城県 5河川
▽茨城県 1河川 ▽栃木県 8河川
▽埼玉県 2河川 ▽新潟県 1河川
▽長野県 1河川

このほか、国が管理する河川で堤防からの越水などによる氾濫が確認されたのは22河川です。

▽阿武隈川 ▽多摩川 ▽千曲川
▽鬼怒川 ▽吉田川など

また、都や県が管理する河川では、16都県の181河川で越水などによる氾濫が発生し、浸水被害が起きています。

▽青森県 1河川 ▽岩手県 3河川
▽宮城県 16河川 ▽福島県 30河川
▽山形県 4河川 ▽茨城県 18河川
▽群馬県 2河川 ▽栃木県 23河川
▽埼玉県 23河川 ▽東京 5河川
▽神奈川県 3河川 ▽山梨県 5河川
▽新潟県 5河川 ▽長野県 14河川
▽静岡県 27河川 ▽三重県 2河川

【浸水被害】

NHKが各地の放送局を通じてまとめたところ、台風19号の影響でこれまでに全国で少なくとも1万棟以上の住宅が水につかり、およそ900棟の住宅が全半壊や一部損壊の被害を受けました。

このうち
▽床上まで水につかったのは、長野県や栃木県など16の都県で7506棟、
▽床下が水につかったのは静岡県や埼玉県など21の都県で4213棟となっています。

また、
▽全半壊の被害を受けた住宅は千葉県など7つの都県で73棟、▽一部損壊が東京都や神奈川県など20の都道県で828棟となっています。

▽床上まで水につかったのは、長野県や栃木県など16の都県で7506棟、
▽床下が水につかったのは静岡県や埼玉県など21の都県で4213棟となっています。

▽全半壊の被害を受けた住宅は千葉県など7つの都県で73棟、▽一部損壊が東京都や神奈川県など20の都道県で828棟となっています。

【土砂災害】

▽埼玉県で43件、
▽静岡県で15件、
▽岩手県と新潟県で12件などとなっています。

【断水】

▽福島県のいわき市で4万5400戸、同じ水道事業者が管理する相馬市、新地町、南相馬市で合わせて2万3255戸、田村市で4300戸、白河市で1680戸、
▽茨城県の常陸大宮市で1万5000戸、大子町で7958戸、
▽静岡県では県が水道を管理する熱海市と函南町で合わせて9407戸、
▽栃木県の、那須烏山市で4000戸、栃木市で1800戸、鹿沼市で1300戸、
▽宮城県の、丸森町で3353戸、
▽東京都では、都が水道を管理する奥多摩町と日の出町で合わせて3100戸、
▽神奈川県では、県が水道を管理する相模原市で3620戸、
▽長野県の立科町で2698戸などとなっています。

このほか、
▽岩手県、▽群馬県、▽埼玉県、▽千葉県、▽山梨県の一部の地域でも断水が起きています。

情報元:NHKニュース

かなり広範囲での被害ですね。

これでは中止にすべきという声が出ても仕方ないかなと思いました。

天皇即位パレードで文句を言われないように国が少しでも早く復興出来るように、力を入れるべきです!



天皇即位パレード(祝賀御列の儀)の中止や延期の可能性・台風19号の甚大な被害の影響まとめ

今回は

  • 天皇即位パレード(祝賀御列の儀)の中止や延期の可能性はある?
  • 天皇即位パレードと台風19号の甚大な被害の影響は?

について紹介していきました。

調べたことをまとめてみると

  • 中止や延期の可能性は低い
  • パレードは国事行為なので、天皇の判断で中止には出来ない
  • 被害は甚大なので政府が復興に力を入れるべき

台風19号の被害は本当にひどいです。

天皇即位パレードを、みんなが心から祝福できるように政府の一早い対応が必要です!

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

関連記事