斉藤光毅の年俸やプレースタイルは?経歴プロフと出身高校も調査!

パリ五輪世代の期待の10番、斉藤光毅(さいとう・こうき)選手!

2023シーズンはオランダリーグでは7得点5アシストと大きく成長している、U-22世代絶対的エースです。

 

今回はそんな斉藤光毅選手について

  • 年俸は?
  • プレースタイルは?
  • 経歴プロフィール・出身中学高校はどこ?

について調査してみました。

 

久保建英選手と共にパリ五輪世代を支える期待の10番についてご紹介しています。

ぜひ最後までお楽しみくださいね。

 

斉藤光毅選手の気になる彼女についてはこちら↓↓

 



斉藤光毅の年俸は?

斉藤光毅選手の年俸情報です。

2023年:2100万円(スパルタ・ロッテルダム)

2022年:調査中です(ロンメルSK

2021年:調査中です(ロンメルSK

2020年:700万円(横浜FC)

スパルタ・ロッテルダムでは現在(2023年)レンタル移籍中ですので2100万円ですが、完全移籍となると最低年俸約6000万円(40万ユーロ)が保証されることになり、大幅な年俸アップが期待されます!

スポンサーリンク

斉藤光毅のプレースタイルは?

斉藤光毅選手のポジションはFWプレースタイルは切れ味鋭いドリブラーです。

  • 小柄な体格を生かした、長身DFの懐にもぐりこんだすばしこいドリブル
  • 小さくても当たり負けしない力強いフィジカル

そして何よりもゴールに対しての貪欲さが魅力です。

斉藤光毅選手のゴールシーンの画像はこちらです↓

170cmと小柄ではありますが、そこを生かした俊敏な動きと、当たり負けしない体を作っているのは、横浜FC時代から大切にしている食事と筋トレ の賜物です。

17歳でトップチームに入った当初は当たり負けすることが多く、自分で「体重を増やして筋肉をもっとつけなくては」と実感し、チームの栄養士や一緒に食事をとる先輩選手から食べ方を学んだとのこと。引用:スポーツ栄養Webより

サッカーのためのオフザピッチの過ごし方にも研究熱心だったのですね。

スポンサーリンク

斉藤光毅の経歴や代表歴

斉藤光毅選手の経歴と代表歴をご紹介します。

斉藤光毅の経歴

斎藤光毅選手の経歴(所属チーム)をまとめました。

2008-2013 犬蔵SC(神奈川県川崎市)

2014-2016 横浜FCジュニアユース

2017-2018 横浜FCユース

2018-2020 横浜FC(当時J2)

2021-2022 ロンメルSK(ベルギー)

2022-2023 スパルタ・ロッテルダム(オランダ)

斎藤光毅選手は4歳の時に2歳年上のお兄さんと一緒にサッカーを始め、小学生時代までは地元クラブ犬蔵(いぬくら)SCに所属していました。

中学1年より地元Jクラブ横浜FCの下部組織に入り、高校2年でJデビュー。

2021年からは期限付き移籍でベルギーのロンメルSKに加入し海外移籍を果たすと、2シーズン目の第1節で見事初ゴールを決めました。

2022年6月にはオランダ1部のスパルタ・ロッテルダムへ移籍、2022-2023シーズンは30試合出場7得点の活躍を見せています。

スポンサーリンク

代表歴

2017:U-16 U-17

2018:U-18

2019:U-20

2022:U-21(ドバイカップU-23優勝、アジアカップU-23 3位)

ドバイカップU-23ではご自身得点も決め、優勝の笑顔です!↓

 

この投稿をInstagramで見る

 

斉藤 光毅(@koki_saito_01)がシェアした投稿

一緒にパリを目指している同世代の仲間との笑顔は最高ですね。

スポンサーリンク

斉藤光毅のプロフィール

斎藤光毅選手のプロフィールはこちらです↓

斎藤光毅 さいとう・こうき
生年月日 2001年8月10日(21歳)
出身地 東京都
身長・体重 170cm・61kg
利き足 右足
最終学歴 県立新栄高校卒業

スパルタ・ロッテルダムで大活躍、試合後のインスタグラムです↓

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sparta Rotterdam(@spartarotterdam)がシェアした投稿

すっかりチームの大切な一員となった斎藤光毅選手のさわやかな笑顔がステキですね。

女性

かわいらしい笑顔で、イケメンだと評判よね。
サッカーをする姿はもっとステキね!

スポンサーリンク

斉藤光毅の出身高校はどこ?

斎藤光毅選手の出身高校はどこなのか、さらに中学校小学校についても調査しました。

高校

斎藤光毅選手の出身高校は、神奈川県立新栄高校だとわかりました。

神奈川県立新栄高校

住所:神奈川県横浜市都筑区新栄町1−1
マップ:こちら
公式サイト:こちら

神奈川県立新栄高校は公立普通高校で、卒業後は約9割の方が大学等へ進学されています。

高校生時代の斉藤光毅選手は横浜FCジュニアユースからユースに昇格し、さらに高校2年生にはトップ昇格を果たし2018年9月に自主退学しています。

高校はその後クラブの薦める通信制高校へ編入し、

  • 課題やレポートは寝る前1時間と時間を決めてやる
  • スクーリングはオフの1月に3泊4日、体育の授業が楽しかった

といった高校生活を過ごされました。

中学校

斎藤光毅選手の出身中学は、川崎市立犬蔵(いぬくら)中学校とわかりました。

川崎市立犬蔵中学校

住所:神奈川県川崎市宮前区犬蔵1丁目10−1
マップ:こちら
公式サイト:こちら

川崎市立犬蔵中学校は各学年5クラス、一般的な公立中学校です。

川崎市立犬蔵中学校では、斎藤光毅選手はセレクションに合格したため横浜FCジュニアユースでプレーしJ1アカデミーで指導を受けていました。

ジュニアユースでは高いレベルのサッカーだけでなく、地域に愛されるチームの一員としての人格教育もしてくれています↓

スポンサーリンク

小学校

斎藤光毅選手の出身小学校は、川崎市立白幡台小学校だとわかりました。

川崎市立白幡台小学校

住所:神奈川県川崎市宮前区南平台13−1
マップ:こちら
公式サイト:こちら

今でも川崎市の地元クラブ犬蔵SCには機会があると顔を出されていますよ↓

プロになった先輩に会えるのは、子供たちにとっても励みになりますね。

小さい頃からこのように地元密着で育ってきた斎藤光毅選手ですから、ヨーロッパへ渡った現在でも地元のみなさんは応援し続けていますよね。

また、斉藤光毅選手の移籍金で横浜FC下部組織用のグランドが整備され、そのピッチにはご自身の名前が記されました↓

この投稿をInstagramで見る

 

斉藤 光毅(@koki_saito_01)がシェアした投稿

このピッチの名前を多くの人に誇ってもらえるように、もっともっと成長してたくさん活躍したいとのメッセージが付けられています。

スポンサーリンク

斉藤光毅の年俸やプレースタイルは?経歴プロフと出身高校も調査!のまとめ

パリ五輪世代のエースFW、斉藤光毅(さいとう・こうき)選手。

2023シーズンは、U-22世代期待の若手です。

 

今回は斉藤光毅選手について、年俸やプレースタイル・経歴について調査してみたところ、

  • 年俸は2100万円(2024)
  • ポジションはFW、プレースタイルは切れ味鋭いドリブルからのシュート
  • 小中高と川崎市の公立学校に通っていた

ということがわかりました。

 

海外経験で自慢のドリブルにさらに磨きをかけ、パリ五輪ではぜひメダル獲得につながるゴールを期待しています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 



スポンサーリンク