新幹線のパソコン・座席・話し声・電話の正しい・違反のマナー一覧まとめ!マナーモードするべき?

こんにちは!旅行大好きKTBっす!

 

新幹線は旅行や出張で利用する方も多いのではないでしょうか。

 

私の住む地域は田舎で、県内どこにも新幹線が通っておりません。汗

なのでこの間初めて旅行の際に、新幹線を利用したのですが右も左も分からない状態でした…。やべぇルールがわかんないと、とりあえずアナウンスに耳を傾けたり、パンフレットに目を通したりしていました。

 

でも私だけでなく、良く利用する方でもマナーを完全に理解していない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

今回は新幹線の、

  • パソコン
  • 座席
  • 話し声
  • 電話

とケース別にマナーをまとめましたので、新幹線に乗車する前に一度確認してくださいね!

マナーに関してこちらの記事でも紹介しております。合わせてお読みください。



新幹線でのパソコンの正しい・違反のマナー解説

新幹線でパソコンを利用する方も多いでしょう。移動時間を利用して仕事をする方やプライベートで利用する方。

私も仕事柄パソコンを良く利用しますし、出来れば車内でもパソコンを利用して作業を行いたいところです。

ですがキーボードを叩く音を不快に思う方もいらっしゃるのです。

なので優しくキーボードを叩く。そして周りの迷惑にならないよう心がけてください。

パソコンのカタカタ音も静かな機内では迷惑になります。特にクセと言いますか、エンターキーをタンっ!と強く叩いてしまう方がいらっしゃるかと思いますので注意しながら叩くようにしてください。

 

それでも多少音はしてしまうとは思いますが、心がけるだけでも非常に大事な事です。

 

一番良いのはシリコンカバーを付ける事です。周りの迷惑にならないためにも、着用して音のならないようにしましょう↓↓

 

新幹線での座席の正しい・違反のマナー解説

新幹線の座席を倒していいのかどうなのか迷ってしまいますよね。

しかもどこまで倒していいとか決まりがないのです。これは人それぞれ感情が違いますから、決めるのが難しいと言われております。

そして、座席を倒すとき声を掛けるかどうか。

ホリエモンさんはツイッターで、

と発言しています。

声をかけて欲しくない理由の一つとして、倒していいですか?と拒否されない前提で聞いているように思えるからです。

別にそんな気がなかったとしても、そう思う方がいるのは事実です。

 

座席を倒す時に声をかける理由は、後ろの人がパソコンや飲み物があるかもしれないのでとの理由からが多いでしょう。

 

でもむしろ後ろの席の方から”パソコンを使っているので、座席を倒す時は声を掛けてくれますか?”とお願いすべきとの意見まであります。

前の人はそもそも座席をどの位倒していいか、決めてもいいですしそれで後ろの方の不利益を被っても後ろの人にも責任はありますよね。

 

ただ、私はこの事も加味して声を掛けるべきではないかなと思います。

 

私が声を掛ける時は、そういう考えもあると知った上で、

「座席を倒すので、邪魔になる時お声掛けください。」

と伝えます。

今までの経験上わかりました、と言われるか◯◯使っているのでそのままでと言われるかどちらかです。

これだと今から倒すよ!と意思を伝えるだけですので、私はこれを使うようにしています。いきなりばしっ!と倒すよりはいいかなと思います。

 

当然声掛けるべきだ!と言うわけではないので、私の考えの人も声を掛けるべきではないという人もいるし、決まりはありません。

大事な事は必ずしも声を掛けるべきではない、嫌だと感じる人がいると行動することです。

[quads id=2]

新幹線での話し声の正しい・違反のマナー解説

新幹線も公共の場ですので静かにすべきです。自分達だけでなく他にも乗車客がいらっしゃいますので、迷惑をかけてはいけません。

こちらをチェックしてください。

新幹線のマナー参考画像

引用元:https://news.nifty.com/

ご覧のように大声で騒ぐが一番迷惑だと感じられているのです。

続いてを注目していないといけないのですが、”走り回る子供を注意しない親”とあります。

 

そもそも一番大声で騒いでいるのは子供でしょう。その子供を注意しない親が一番迷惑がられてしまうのです。

 

親がその点を理解し、ダメな事はダメだとちゃんと伝えなければなりません。

しかし、親が注意してもその場は少し静かになったとしても、またついつい騒いでしまうかと思います。

 

そこで新幹線での子供のおすすめグッズをこちらにまとめましたので、合わせてお読みください。

関連記事⇒新幹線での子供・幼児と過ごし方!子供を大人しくしてもらうおもちゃやグッズを紹介!

新幹線での電話の正しい・違反のマナー解説

新幹線では、座席や客室内での通話は禁じられております。

通話をする場合には、デッキにて行うようにしてください。

電波状況に関しては、

  • 東海道・山陽新幹線(全線)
  • 九州新幹線(博多~新大牟田)
  • 東北新幹線(東京〜八戸)
  • 上越新幹線(東京〜上毛高原、長岡〜新潟)
  • 北陸新幹線(東京〜上田、富山~金沢)

こちらの区間はトンネル内を含めほとんどの場所で電波は通じます。

それ以外の区間では、トンネル内のみ電波が届きづらいのでご注意ください。

インターネットやメールの操作等は客室内でも行えますが、着信音は周りの迷惑となりますので、必ずマナーモードにしてご利用ください。

まとめ

今回は新幹線のマナーに関してお伝えしてきました。

 

記事の話し方の部分で紹介したランキングをみると、あぁなるほどと思えたのではないでしょうか。

基本的に自分が嫌だと感じる事は、相手にもしないというのが当然です。

相手の気持ちを考えて行動していただけたらと思います。

 

それでは楽しい旅行へ!

マナーに関してこちらの記事でも紹介しております。合わせてお読みください。