2021年昭和大仏青龍寺初詣の混雑状況や駐車場は?アクセス方法や屋台・ご利益も
47都道府県の初詣スポットはここからチェック!
北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城 福島
栃木 群馬 茨城 埼玉 東京 神奈川 千葉
新潟 長野 富山 石川 福井 岐阜 愛知
山梨 静岡 滋賀 京都 兵庫 大阪 三重
奈良 和歌山 鳥取 島根 山口 広島 岡山
香川 愛媛 高知 徳島 福岡 大分 佐賀
長崎 熊本 宮崎 鹿児島 沖縄

こんにちは!旅行大好きKTBっす!

昭和大仏青龍寺の初詣に行こうかと思うけど、毎年大変混雑していますよね。

出来ればピークは避けたいけどいつ行くべきなのだろう…。三が日に行きたいよなぁなんて私は考えてしまいます。新年の挨拶をしないと一年良い年に出来るかついつい不安になったりも。

しかも混雑以上に訪れる価値がそこにはありますし、混雑していても行きたくなってしまうほど魅力的な昭和大仏青龍寺ですからね。

どんな魅力があるのか?まだ知らない方の為にも昭和大仏青龍寺の情報をまとめることにしました!

そんな昭和大仏青龍寺の初詣について今回は、

  • 2021年昭和大仏青龍寺初詣の混雑状況や駐車場
  • 2021年昭和大仏青龍寺初詣のアクセス方法や屋台・ご利益

を紹介していこうと思います!



2021年昭和大仏青龍寺初詣の基本情報やアクセス方法

昭和大仏青龍寺は例年約6万人の人出がある人気のスポットです。

まずは昭和大仏青龍寺の基本情報から見ていきましょう!

昭和大仏青龍寺の基本情報やご利益

昭和大仏青龍寺で高野山の青森別院で、昭和大仏や五重塔で知られております。

昭和大仏は21.35mあり青銅坐像では日本一の大日如来像です。

仏像の内部には六道輪廻の図などが飾られており、二階にあがることも可能です。

五重塔や金堂など見どころは沢山あり

昭和大仏の基壇には大切な六つの教え”六波羅蜜”が掲げられており、

  1. 布施波羅蜜⇒人に施す 貪らない
  2. 持戒波羅蜜⇒戒律を守る 規則を守る 乱れた生活をしない
  3. 忍耐波羅蜜(忍辱波羅蜜)⇒我慢する 寛容になる 怒りの心を捨てる
  4. 精進波羅蜜⇒努力する 怠け心を起こさない
  5. 禅定波羅蜜⇒心を落ち着ける 心を乱さない
  6. 智慧波羅蜜⇒頭を働かせる 後先を考えない行動を慎む

これらを刻み生活すれば素晴らしい世界が切り開けると言われておりますよ。

昭和大仏青龍寺の時間は、

  • 12月31日⇒終夜
  • 1月1日⇒早朝~18:00頃
  • 1月2・3日⇒8:00~18:00頃
  • 4月~10月⇒8:00~17:30
  • 11月~3月⇒9:00~16:30

となっております。

昭和大仏青龍寺初詣のアクセス方法

昭和大仏青龍寺の住所は、青森県青森市桑原山崎45です。

昭和大仏青龍寺へのアクセス方法は、

  • JR青森駅から昭和大仏行き市営バス約45分終点下車徒歩約10分
  • JR浅虫温泉駅から車約20分
  • 青森空港から車約30分

また高速バスも出ていないか確認しましょう。遠方の方は高速バスで近くまで来て、そこから公共交通機関を使えば大丈夫です。

昭和大仏青龍寺初詣の混雑・混み具合について

昭和大仏青龍寺は毎年正月三が日に約6万人の人出で賑わいます。

ただ境内は広いですし動けない程混雑していることはありませんでした。

青龍寺は三が日は入山料無料ともあり混雑します。

大仏をみようと思うのは、日本人だけでなく外国の方も非常に多く訪れます。

青龍寺の大仏様は日本一とも言われておりますし、世界中から注目されているのですね。更に年々参拝客が増えているようにも見えます。

ただ初詣時期は非常に寒く、雪も降っている事が多いので寒さ対策は万全にしていただき、足元には注意して参拝してくださいね、

2021年昭和大仏青龍寺初詣の駐車場について

例年、大晦日から正月三が日の期間中に交通規制があります。

昭和大仏青龍寺には駐車場があり無料で300台収容が可能です。

駐車場も広いので境内の頂上にある大仏様まで約10分程で、ゆっくりと目指すことができますよ!

 

また、駐車場予約サービス「akippa」というものがあります。

akippaについてはこちらの動画もわかりやすいので一度ご覧ください↓↓

こちらのakippaでは、前もって駐車場を予約する事が出来ますので、安心して初詣を楽しむ事が出来ますよ!事前に駐車場まで準備して、スムーズに初詣を楽しみましょう!

【akippa(あきっぱ!)】はこちらから予約が可能です↓↓


昭和大仏青龍寺初詣の見どころや感想・おすすめポイントを紹介!

青森県青森市の昭和大仏青龍寺の初詣がオススメです!

お寺の名前にもなっている昭和大仏像は、なんと青銅座像のなかでは日本一の大きさを誇っており、大晦日は毎年青森市内外から参拝客が大勢集まります。

この大仏を見るだけでも昭和大仏に来る価値があると言っても過言ではありません!想像以上の大きさに驚くこと間違いなしです。なんだか有難い気持ちにもなりますよ。

青森の冬はとても寒く、当然雪もかなり降る季節なのですが、雪が降りしきる中厚着をして初詣をするのが毎年の楽しみです。

ここの初詣では仏像の前方で火を焚きながら、複数のお坊さん達がお祈りをし続けている様子を間近で見ることができます。

そこでお参りをしてから、1年の運試しにおみくじを引くのが主流です。ちなみに私は以前おみくじを引いた際はなんと大吉が出ました!

また、子どもが欲しかったため、お正月にお参りと子授かり守りを買ったところ、その年の5月に妊娠が発覚しましたよ!なんともご利益のあるお寺です。

青龍寺は青森市郊外の静かなところにあり、自然の冷たい空気を感じながら心を落ち着けてお参りができます。ぜひみなさんも一度行ってみてください。

初詣に必要な持ち物は?お役立ちグッズを紹介!

初詣に必要な物って何があるのでしょうか?調べてみたのでチェックしてくださいね。

御守や御札・お賽銭について

まず初詣には前年に使用した、御守や御札を返納してください。ご利益の期限は1年間と言われていますので、新しい運気を呼び込む為にも忘れず持ってきましょう。

返納には返納箱が準備されていますので、そちらをご利用ください。

続いては小銭です。お賽銭の際に必要ですので、5円(ご縁)があるようこちらを用意することをおすすめします。実際に御守には5円玉が入っているものもある位、縁起の良いものですので事前準備をお願いします。

防寒対策をしっかりと準備しよう!

続いては防寒対策グッズです。

1月~に初詣に向かうかと思いますが、とてもお外は寒いです…。

特に初詣は1時間以上外にいることが多いと思いますので、防寒対策はしっかりとしていくようにしましょう!

防寒対策としては、

  • 厚着をする(ジャケット、手袋、マフラー)
  • カイロを持っていく
  • マスク

などしっかりと準備してください。

特にインフルエンザが流行しますし、大勢の方がいるのでマスクは用意したほうが良いと思います。

せっかく初詣を楽しんだのに風邪引いちゃった…。なんてことにならないようお願いしますね。汗

ただ神様にご挨拶をする時には、外した方がマナーとして良いとは思います。

と言いながら私は去年インフルエンザ見事にかかってしまいましたが。笑

インフルエンザには普通のマスクよりも効果的なインフルエンザ対策マスクがあります。

マスクにも種類があり、例えば花粉症マスクですとインフルエンザウイルスを通してしまい、意味が全くなかったりします…。

インフルエンザには「N95マスク」や「サージカルマスク」を使用してください。

  • N95マスク⇒粒子の侵入を防ぐためのもの
  • サージカルマスク⇒罹患者などから出されるウイルスを空気中に拡散させないためのもの

の違いがあります。

一般向けの抗ウイルスマスクは、ドラッグストアーや薬局などで購入できますが、「N95マスク」や「サージカルマスク」は主にネットショッピングを通じて購入しなければなりません。

仕事を控えている方や風邪を引きたくない方は必ずしてくださいね。

こちらをタップするとどんなマスクなのか詳細がありますので、一度チェックしてください↓↓

N95マスク

サージカルマスク

2021年昭和大仏青龍寺初詣の混雑状況や駐車場のまとめ

今回は、

  • 2021年昭和大仏青龍寺初詣の混雑状況や駐車場
  • 2021年昭和大仏青龍寺初詣のアクセス方法や屋台・ご利益

について紹介してきました。

昭和大仏青龍寺の初詣は確かに混雑していますが、それ以上に行く価値がある場所だと思えたのではないでしょうか。

上記の混雑の体験や感想を元に今年は昭和大仏青龍寺へと検討してみてくださいね。

また、きっと来年も来よう!と思える体験が出来るかと思いますので、昭和大仏青龍寺で良い一年のスタートを切ってください!

それでは楽しい旅行へ!

青森県の初詣スポットに関してはこちらでも紹介しておりますので、合わせてお読みください。