豚コレラ食べたらどうなる?ウイルスは人間に感染するのか?消毒方法も紹介!

こんにちは。

沖縄で1月8日に沖縄県のうるま市の養豚場で家畜伝染病「豚コレラ(CSF)」の感染が確認されました。

もし感染が広がってしまった場合、

「同じ地域で養豚された市販されている豚肉を食べてもいいのか」

「人にも感染するのか」

「犬や猫は大丈夫?」

気になりますよね!

今回は

豚コレラ食べたらどうなる?ウイルスは人間に感染するのか?消毒方法も紹介!

について紹介していきます。



豚コレラ食べたらどうなる?ウイルスは人間に感染するのか?消毒方法も紹介!

沖縄で豚コレラが感染確認されたというツイートです。

豚コレラ食べたらどうなる?

結論から言うと、市販されている豚肉を食べても問題ありません!

基本的に豚コレラに観戦した豚肉が市場に出回ることはありませんが、もし感染した豚肉を食べてしまっても人体に影響はありません!

なので、風評被害に気をつけていつも通りに安全な豚肉を楽しみましょう。

また豚コレラが発生した場合、その養豚場で買われていた全ての豚が処分されます。

農場の消毒や貿易措置が行われ、一定期間は発生農場の半径3キロ以内には移動制限・半径10キロ以内には搬出制限区域が設定されます。

岐阜県の豚コレラが発生した際に、農場を消毒する写真です。

それでもなかなか食い止められず、感染が拡大してしまう場合があります。

専門家が対応していくので、地元の人は制限を守り、それ以外の人は豚肉を消費することで手助けできるといいですね。



ウイルスは人間やペットに感染するのか?消毒方法も紹介!

豚コレラウイルスは、人間が感染した豚肉を食べてもウイルスには感染しません。

ちなみに猫や犬にも感染しません。

ただイノシシには感染します。

なので、豚とイノシシ以外は、他の空気感染や接触感染も大丈夫ということでしょう。

豚コレラの人間への感染は、国際機関OIE(国際獣疫事務局)の情報においても、世界的に報告されていません!

更に豚肉は、畜場法に基づき豚コレラ発生関係なく、前頭が都道府県の検査員によって、異常や疫病に感染してないか検査されています。

なので市場に流通している豚肉は安全です。

ただ豚やイノシシなどだけには、強い感染力があります。

感染した豚の唾液や涙・糞尿中にウイルスを排出し、感染豚や汚染物質等の接触により感染が拡大します。

感染が発生した農場付近では、車の消毒や靴底の消毒などに協力しましょう!

豚コレラの靴裏の消毒方法です。



豚コレラ食べたらどうなる?ウイルスは人間に感染するのか?消毒方法まとめ

今回は

豚コレラ食べたらどうなる?ウイルスは人間に感染するのか?消毒方法も紹介!

について紹介していきました。

調べたことをまとめてみると

  • 人間が豚コレラを食べても感染しない
  • 豚コレラに感染した豚肉は流通しない
  • 感染した場所付近の消毒には協力する

最後まで読んでいただいてありがとうございました。