47都道府県の初詣スポットはここからチェック!
北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城 福島
栃木 群馬 茨城 埼玉 東京 神奈川 千葉
新潟 長野 富山 石川 福井 岐阜 愛知
山梨 静岡 滋賀 京都 兵庫 大阪 三重
奈良 和歌山 鳥取 島根 山口 広島 岡山
香川 愛媛 高知 徳島 福岡 大分 佐賀
長崎 熊本 宮崎 鹿児島 沖縄

こんにちは!旅行大好きKTBっす!

伊勢神宮に次ぐ由緒ある神社で、三種の神器・草薙神剣(くさなぎのみつるぎ)が奉安されている事でも有名な神社です。商売繁盛や家内安全、合格祈願の神様でご利益も確かなものがあります。

老若男女愛されて名古屋のお正月代表選手!!と言ったところでしょうか。

ただ、名古屋の全員集まるのではと思うくらい、三が日は混雑しています。特に小さな子は気をつけないといけませんし、ピーク時には連れていけないレベルです。

そんな熱田神宮の初詣について今回は、

  • 2021年熱田神宮の初詣の混雑状況や渋滞時間
  • 2021年熱田神宮の初詣の人数や屋台の時間情報

を紹介していこうと思います!



2021年熱田神宮初詣の混雑・混み具合は?

熱田神宮の初詣は例年約230万人もの参拝者が訪れる全国的にも有名なスポットです。

まずは熱田神宮の基本情報から見ていきましょう!

熱田神宮の基本情報

熱田神宮はなんと行ってもやはり創祀1900年を超える大きな神宮です。

熱田神宮の創祀は、三種の神器の一つ草薙神剣(くさなぎのみつるぎ)の御鎮座に始まります。建てられたのは景行天皇43年と伝えられています。

日本武尊(やまとたけるのみこと)が神剣を今の名古屋市緑区大高町火上山に留め置かれたまま三重県亀山市能褒野(のぼの)で亡くなられたあと、尊のお妃である宮簀媛命(みやすひめのみこと)が、神剣を熱田の地にお祀りになられました。

以来、伊勢の神宮につぐ格別に尊いお宮として篤い崇敬をあつめ、延喜式名神大社・勅祭社に列せられ国家鎮護の神宮として特別のお取り扱いを受ける一方、「熱田さま」「宮」と呼ばれ親しまれてきました。

約6万坪の境内には、樹齢千年を越える大楠、宝物館には信仰の歴史を物語るものとして、皇室を初め全国の崇敬者から寄せられた6千余点もの奉納品が収蔵展示されています。

初詣の参拝時間は24時間!いつでも大丈夫です!また屋台もだいたい9時~22時くらいまでやっているようです!

三種の神器の1つである草薙剣を祀る神社として知られています。信長塀、開かずの門など、歴史的建造物も多く見どころがたくさんです。

こんなに大きな境内なのですが、なんと参拝は24時間できるのです!祭事も多くなかなか楽しいです。

初えびすが行われる夜はかなり迫力があり、はじめて行く方は驚くかもしれません。あの大勢の中に挑んでゆくのはなかなか勇気がいると思います。

七五三時期になると可愛らしい晴れ着を着た子供たちの姿を見ることができます。ちまちまと参道の砂利道を歩く姿はなかなかに可愛いものがあります。

熱田神宮初詣のアクセス方法

住所については愛知県名古屋市熱田区神宮1-1-1です。

熱田神宮には名鉄、近鉄、バスで行くことができます。車は年々駐車場が空いていないのでリスクがあります。

熱田神宮は近くに3つの駅があり、

  • JR熱田駅⇒徒歩5分
  • 地下鉄名城線神宮西駅⇒徒歩6分
  • 名鉄神宮前駅⇒徒歩3分

とそこまで遠くありませんので、来られる方は電車をおすすめします!

熱田神宮初詣の混雑状況や渋滞について

毎年熱田神宮は元旦に必ず行きますが朝から昼過ぎ頃まではずっとひっきりなしに人が多いです。

参拝には入場規制がかかり、特に午前から昼にかけては規制の区切りを何度も見送ってやっとの事で参拝場所にたどり着けます。

そこでも人は溢れているので遠くからお賽銭を投げ、満員電車のように押されながら参拝するような状況です。

しかし、夕方から夜にかけては割と人が空いてきます。

空の暗さも趣きがあり、屋台も遅くまでやっているところも多く、人が少ない分落ち着いて参拝ができるのでおすすめです。

夕方だと規制は特になく、少し荒れ果てた後の砂利道をゆっくり進むことができます。満員で揉みくちゃになりながらできたかよく分からない参拝をするよりは、夕方落ち着いて参拝する方がご利益があるように感じています

2021年熱田神宮初詣の駐車場について

熱田神宮には1月1日の午前11時ごろと、2日の10時ごろに参拝に行きました。

本来駐車場として使われている場所にたくさんの屋台が出ているため、初詣の時は車を駐車することができません。

付近に有料駐車場はあるのですが、とても小さい駐車場なので3〜4台ほどしか駐車できません。止められたとしても人通りが多いので駐車じたいが難しいと思われます。1月の1〜5日の間は熱田神宮周辺が交通規制されており、有料駐車場からはかなり歩くことになります。

なのでJRか名鉄の電車、バスなどの公共交通機関で参拝することをおすすめします。駅からは徒歩5〜10分ほどなのでそんなに遠いわけでもなく、屋台も並んでいるので道中はたのしいです。

 

また、それでも駐車場を利用したい方には、駐車場予約サービス「akippa」というものがあります。

こちらのakippaでは、前もって駐車場を予約する事が出来ますので、安心して初詣を楽しむ事が出来ますよ!事前に駐車場まで準備して、スムーズに初詣を楽しみましょう!

【akippa(あきっぱ!)】はこちらから予約が可能です↓↓


2021年熱田神宮初詣の屋台情報

熱田神宮の屋台はだいたい9時~22時くらいまで開いております。

また12月31日深夜はほぼ準備の状態です。

主に参道や神宮付近ずらーっと屋台は並んでいます。定番のものの焼きそば・バナナチョコ・焼きとうもろこしから、玉せんやチュロス、唐揚げまで楽しむ事が出来ますよ。

子供も楽しむ事が可能で、すくい取りや的当て、お面にキャラクターグッズなど、大満足すること間違いなしです!

数は多少減りますが、1月5日の初「えびす」まで開いているお店はございます。

2021年熱田神宮初詣の見どころやおすすめポイントを紹介!

名古屋といえば熱田神宮、熱田さんというイメージ。地元の神社に行ったとしてもここに行かないと初詣をした気がしません。

初詣には所狭しと屋台も並ぶので、初詣後は食べ歩きも楽しめます。中でもきよめ餅は熱田神宮名物でもあり、人気の和菓子です。餡だけのものもありますが栗入りがおすすめです。

熱田神宮にはたくさんの神社があり、その中でも私は旅行が好きなので、あまり知られていませんが熱田神宮北西の一隅にある下知我麻神社に必ずいきます。

ここには旅行の安全をお守りしてくださる神様がまつられています。旅行守りというものもあるんです。ほとんどの人がスルーしている場所ですが旅行業界関係者の中では有名で、旅行シーズンとなると人も多いそうです。

初詣に必要な持ち物は?お役立ちグッズを紹介!

初詣に必要な物って何があるのでしょうか?調べてみたのでチェックしてくださいね。

御守や御札・お賽銭について

まず初詣には前年に使用した、御守や御札を返納してください。ご利益の期限は1年間と言われていますので、新しい運気を呼び込む為にも忘れず持ってきましょう。

返納には返納箱が準備されていますので、そちらをご利用ください。

続いては小銭です。お賽銭の際に必要ですので、5円(ご縁)があるようこちらを用意することをおすすめします。実際に御守には5円玉が入っているものもある位、縁起の良いものですので事前準備をお願いします。

防寒対策をしっかりと準備しよう!

続いては防寒対策グッズです。

1月~に初詣に向かうかと思いますが、とてもお外は寒いです…。

特に初詣は1時間以上外にいることが多いと思いますので、防寒対策はしっかりとしていくようにしましょう!

防寒対策としては、

  • 厚着をする(ジャケット、手袋、マフラー)
  • カイロを持っていく
  • マスク

などしっかりと準備してください。

特にインフルエンザが流行しますし、大勢の方がいるのでマスクは用意したほうが良いと思います。

せっかく初詣を楽しんだのに風邪引いちゃった…。なんてことにならないようお願いしますね。汗

ただ神様にご挨拶をする時には、外した方がマナーとして良いとは思います。

と言いながら私は去年インフルエンザ見事にかかってしまいましたが。笑

インフルエンザには普通のマスクよりも効果的なインフルエンザ対策マスクがあります。

マスクにも種類があり、例えば花粉症マスクですとインフルエンザウイルスを通してしまい、意味が全くなかったりします…。

インフルエンザには「N95マスク」や「サージカルマスク」を使用してください。

  • N95マスク⇒粒子の侵入を防ぐためのもの
  • サージカルマスク⇒罹患者などから出されるウイルスを空気中に拡散させないためのもの

の違いがあります。

一般向けの抗ウイルスマスクは、ドラッグストアーや薬局などで購入できますが、「N95マスク」や「サージカルマスク」は主にネットショッピングを通じて購入しなければなりません。

仕事を控えている方や風邪を引きたくない方は必ずしてくださいね。

こちらをタップするとどんなマスクなのか詳細がありますので、一度チェックしてください↓↓

N95マスク

サージカルマスク

2021年熱田神宮の初詣の混雑状況や渋滞時間のまとめ

今回は、

  • 2021年熱田神宮の初詣の混雑状況や渋滞時間
  • 2021年熱田神宮の初詣の人数や屋台の時間情報

について紹介してきました。

熱田神宮は名古屋で、日本で大人気の初詣スポットです。

大晦日や三が日は大変混雑していますから、家族連れの方は特に注意して参拝しましょう!

特に小さなお子様だと、あの人混みは危険ですし、迷子になる確率も高いのでピークは避けるようにした方が懸命です。

あなたの合う時間を見極めてから熱田神宮を存分に楽しんでくださいね!

それでは楽しい旅行へ!

愛知県の初詣スポットに関してはこちらの記事でもしておりますので、合わせてお読みください。