2020年伊勢神宮内宮・外宮の初詣の混雑状況や交通規制は?元日の駐車場や人数も紹介!
47都道府県の初詣スポットはここからチェック!
北海道青森秋田岩手山形宮城福島
栃木群馬茨城埼玉東京神奈川千葉
新潟長野富山石川福井岐阜愛知
山梨静岡滋賀京都兵庫大阪三重
奈良和歌山鳥取島根山口広島岡山
香川愛媛高知徳島福岡大分佐賀
長崎熊本宮崎鹿児島沖縄

こんにちは!旅行大好きKTBっす!

伊勢神宮は内宮・外宮共に大変人気がある初詣スポットですね!

内宮は天照皇大神、外宮は豊受大御神と違う神を祀りそれぞれご利益が確かなものであるため、今年も良い一年へと参拝するわけです。

ですがどちらも大変人気のため混雑が予想されます。

そんな伊勢神宮の初詣について今回は、

  • 2020年伊勢神宮内宮・外宮の初詣の混雑状況や交通規制
  • 元日の駐車場や人数

を紹介していこうと思います!



2020年伊勢神宮内宮・外宮初詣の混雑・混み具合は?

伊勢神宮内宮は例年約32万人、外宮は例年約16万人の参拝者が訪れる人気のスポットです。

まずは伊勢神宮の基本情報から見ていきましょう!

伊勢神宮の基本情報

伊勢神宮は内宮と外宮の2つの宮があります。

一般的に外宮を参拝してから内宮へと言われております。

ただ、古来から言われているものの、必ずというわけではないそうです。地元は割と関係なく参拝しているんだとか。

ですが、片方だけ参拝するのはNGです!方参りと言われて避けるべきです。

初詣の参拝時間は、

  • 年末年始⇒終日
  • 以降⇒5:00~18:00

となっております。

伊勢神宮初詣のアクセス方法

伊勢神宮内宮の住所は、三重県伊勢市宇治館町1

伊勢神宮外宮の住所は、三重県伊勢市豊川町279

伊勢神宮へはシャトルバスが運行しています。近くのアリーナに臨時駐車場があり、そこから外宮、内宮行きに別れて乗車します。

電車の場合

  • 内宮:近鉄山田線伊勢市駅から三重交通バス外宮内宮循環線で約15分、内宮前下車すぐ
  • 外宮:近鉄山田線伊勢市駅から徒歩5分

車の場合⇒伊勢自動車道伊勢西ICから約2Km

ただし伊勢西ICは交通規制により利用できない期間・時間帯があります。

また高速バスも出ていないか確認しましょう。遠方の方は高速バスで近くまで来て、そこから公共交通機関を使えば大丈夫です。

2020年伊勢神宮初詣の混雑・混み具合について

伊勢神宮に1月1日の10時頃にいきましたが、内宮、外宮とも凄い混雑で中々前に進まない感じです。

外宮は内宮に比べると少しマシなように思いますが、それでも人、人、人。子供は大人たちに押しつぶされそうになる感じでした。

お昼過ぎた頃、内宮へいきましたが、やはり外宮より混雑していて参拝するのも押し合いで、ゆっくりできませんでした。お神酒やお守り、御朱印をもらうのも長蛇の列ができていて、沢山の窓口を設けていますが、どこもいっぱいといった感じでした。

初詣に行かれる際は、大混雑を覚悟してお出かけになられた方がいいですね。

私も、初めて行った時はびっくりしましたが今では毎年行くようになりました。伊勢神宮へ行くと清々しい気持ちになるので。

どうしても混雑を回避したい方は、

「2、3日の早朝か夜」

が比較的には空いています。ですが空いているという程空いているわけでは無いので、ある程度の混雑は覚悟しておいた方が良いかもしれません…。



2020年伊勢神宮初詣の駐車場について

伊勢神宮は、

  • 内宮⇒260台の有料駐車場
  • 外宮⇒430台の無料駐車場

がありますが、上記の混雑時間を中心に、道が細い影響からも大渋滞を起こします。

そこでおすすめするのは三重県営サンアリーナ駐車場です。

1,500台収容可能で、無料のシャトルバスを利用することにより内宮も外宮も参拝する事が出来ますよ!

伊勢神宮に1/2に参拝しに行った時はam9:00に名古屋市から出発して、現地近隣駐車場に駐車できたのは13:00でした。

非常に駐車場で混み合い、なるべく早朝もしくは、夕方出発の参拝時間ギリギリに訪れるとベストです。

臨時駐車場も期間限定で設けられていますが、そちらまで行く道路が非常に混み合っていました。河原に車を停めるような感じです。

そこから、参拝まで向かう道のりも非常に混んでいます。軒先きのお店や、食事で立ち止まる人、休憩される方など多々見受けられます。

また名古屋方面へ帰られる方は、名神高速道路の亀山ICでかなりの渋滞が生じます。

下道で帰るルートもありますが、皆さま考えることは同じで、下道ルートも混んでいます。一車線ルートなので、大変かと思われます。

飲み物や車内で食べられる軽食は必須です。また、お手洗いには、常に余裕を持つように心掛けた方が得策かと思います。

一連のような流れで、必ずしも参拝することになるかと思いますが、凄く神聖な趣と空気感であり、1年の始まりには、必ず訪れ、ご挨拶するべきと存じます。

自身の新しい1年かける意思決定を告げたり、幸せな1年を願い、訪れたいスポットNO.1です。

また、それでも駐車場が満車である可能性も考えられます…。

そこで駐車場予約サービス「akippa」というものがあります。

akippaについてはこちらの動画もわかりやすいので一度ご覧ください↓↓

こちらのakippaでは、前もって駐車場を予約する事が出来ますので、安心して初詣を楽しむ事が出来ますよ!事前に駐車場まで準備して、スムーズに初詣を楽しみましょう!

【akippa(あきっぱ!)】はこちらから予約が可能です↓↓


伊勢神宮初詣の見どころやおすすめポイントを紹介!

伊勢神宮は外宮と内宮があり、かなり広い敷地になります。両方とも詣ろうと思うと大変だと思います。

初めて行かれる方はまず内宮から参拝されるのが良いのではないでしょうか。道が砂利石ですので、ベビーカーやスーツケースを持ってる方は歩きづらいと思います。

できたら、お子さんは抱っこ紐にされた方が歩き安いと思います。拝殿に行くまでに最後、階段もあるので歩き安い靴で行かれるのがおススメです。

参拝が終わったら、おかげ横丁に寄ってお土産を買われるのも良し、伊勢うどんを食べられるのもよし、通路の両側にお店がありますので、あちこち見て回るのが楽しいです。

その中でも、特におススメなのが、「豚捨て」という牛肉のお店です。店先でコロッケを売っていて、いつも行列ができています。

店内では牛丼や牛すき焼きなどが食べれます。甘辛い味付けでいくらでも食べれるぐらい美味しいです。こちらもお昼時は外にはみ出るくらい並んでいますので、時間はズラした方が良いと思います。



初詣に必要な持ち物は?お役立ちグッズを紹介!

初詣に必要な物って何があるのでしょうか?調べてみたのでチェックしてくださいね。

御守や御札・お賽銭について

まず初詣には前年に使用した、御守や御札を返納してください。ご利益の期限は1年間と言われていますので、新しい運気を呼び込む為にも忘れず持ってきましょう。

返納には返納箱が準備されていますので、そちらをご利用ください。

続いては小銭です。お賽銭の際に必要ですので、5円(ご縁)があるようこちらを用意することをおすすめします。実際に御守には5円玉が入っているものもある位、縁起の良いものですので事前準備をお願いします。

防寒対策をしっかりと準備しよう!

続いては防寒対策グッズです。

1月~に初詣に向かうかと思いますが、とてもお外は寒いです…。

特に初詣は1時間以上外にいることが多いと思いますので、防寒対策はしっかりとしていくようにしましょう!

防寒対策としては、

  • 厚着をする(ジャケット、手袋、マフラー)
  • カイロを持っていく
  • マスク

などしっかりと準備してください。

特にインフルエンザが流行しますし、大勢の方がいるのでマスクは用意したほうが良いと思います。

せっかく初詣を楽しんだのに風邪引いちゃった…。なんてことにならないようお願いしますね。汗

ただ神様にご挨拶をする時には、外した方がマナーとして良いとは思います。

と言いながら私は去年インフルエンザ見事にかかってしまいましたが。笑

インフルエンザには普通のマスクよりも効果的なインフルエンザ対策マスクがあります。

マスクにも種類があり、例えば花粉症マスクですとインフルエンザウイルスを通してしまい、意味が全くなかったりします…。

インフルエンザには「N95マスク」や「サージカルマスク」を使用してください。

  • N95マスク⇒粒子の侵入を防ぐためのもの
  • サージカルマスク⇒罹患者などから出されるウイルスを空気中に拡散させないためのもの

の違いがあります。

一般向けの抗ウイルスマスクは、ドラッグストアーや薬局などで購入できますが、「N95マスク」や「サージカルマスク」は主にネットショッピングを通じて購入しなければなりません。

仕事を控えている方や風邪を引きたくない方は必ずしてくださいね。

こちらをタップするとどんなマスクなのか詳細がありますので、一度チェックしてください↓↓

N95マスク

サージカルマスク



2020年伊勢神宮内宮・外宮の初詣の混雑状況や交通規制のまとめ

今回は、

  • 2020年伊勢神宮内宮・外宮の初詣の混雑状況や交通規制
  • 元日の駐車場や人数

について紹介してきました。

伊勢神宮は外宮から内宮へ周るのがおすすめです!どちらでもとの意見もありますが、より縁起の良いこの方法で参拝するよう心がけましょう!

また、片方だけ参拝というのは縁起が悪いと言われておりますので、それだけは避けてくださいね。

是非2020年は伊勢神宮の初詣に向かいましょう!

それでは楽しい旅行へ!

三重県の初詣スポットに関してはこちらでも紹介しておりますので、合わせてお読みください。