47都道府県の初詣スポットはここからチェック!
北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城 福島
栃木 群馬 茨城 埼玉 東京 神奈川 千葉
新潟 長野 富山 石川 福井 岐阜 愛知
山梨 静岡 滋賀 京都 兵庫 大阪 三重
奈良 和歌山 鳥取 島根 山口 広島 岡山
香川 愛媛 高知 徳島 福岡 大分 佐賀
長崎 熊本 宮崎 鹿児島 沖縄

こんにちは!旅行大好きKTBっす!

薬師寺の初詣に行こうかと思うけど、毎年大変混雑していますよね。

出来ればピークは避けたいけどいつ行くべきなのだろう…。三が日に行きたいよなぁなんて私は考えてしまいます。新年の挨拶をしないと一年良い年に出来るかついつい不安になったりも。

しかも混雑以上に訪れる価値がそこにはありますし、混雑していても行きたくなってしまうほど魅力的な薬師寺ですからね。

どんな魅力があるのか?まだ知らない方の為にも薬師寺の情報をまとめることにしました!

そんな薬師寺の初詣について今回は、

  • 2021年薬師寺初詣の混雑時間・人出や渋滞
  • 2021年薬師寺初詣の駐車場や屋台の出店・アクセス方法

を紹介していこうと思います!



2021年薬師寺初詣の基本情報やアクセス方法

薬師寺は例年多くの方が訪れる人気のスポットです。

まずは薬師寺の基本情報から見ていきましょう!

薬師寺の基本情報

薬師寺は、皇后(後の持統天皇)の病気平癒を祈願した天武天皇が680年に建立を発願したことが始まりです。

当時は南大門を入ると、左右に東塔・西塔がそびえて正面に金堂、その後ろに講堂があり、それらを回廊で囲んだ薬師寺式伽藍配置をもつ大規模なお寺だったそうです。

しかし、何度も火災や戦火に見舞われ、ほとんどの建物が焼失しました。その後伽藍の復興が進められて1976年には金堂、1981年には西塔などが次々と再建されました。

堂内には、白鳳期の様式を持つ、本尊の国宝薬師三尊像が安置されています。薬師三尊像は、7~8世紀に造られたもので国宝に指定されています。

中尊の薬師如来坐像の台座には異国風の神像、人物などのモチーフが装飾されています。東塔は、730年頃に建立されたとされ、火災や戦火を免れた唯一の奈良時代の建築物で国宝に指定されています。

三重塔でありながら、一層ごとに飾り屋根が一層ついていて、外見上には六層の塔に見える珍しい建築様式となっています。

ご本尊の薬師寺如来は、またの名を医王如来といい、医薬の仏様で、病気平癒のご利益があるとのことです。

また、薬師寺如来には、体の病気だけでなく、人々の欲深で、不平不満ばかりの心も取り払ってくれるありがたいご利益があるようです。

薬師寺初詣のアクセス方法

薬師寺の住所は、奈良県奈良市西ノ京町457です。

薬師寺は近鉄京都駅・近鉄大阪難波駅から西ノ京駅まで約40分乗車後、徒歩ですぐです。

近鉄電車を使って参拝する人が多いです。ただ、電車が1時間に3~4本程度で短編成であるうえ、橿原神宮に参拝する人と同じ電車を利用するので、車内の混雑が激しいことも多いです。

また高速バスも出ていないか確認しましょう。遠方の方は高速バスで近くまで来て、そこから公共交通機関を使えば大丈夫です。

薬師寺初詣の混雑時間・人出について

2018年1月1日の0時ごろに奈良県奈良市にある薬師寺に初詣に行きました。

地元なので隔年程度で行っていますが、紅白歌合戦などの年越しテレビが終わってから家を出発する人が多いので、年越し直後に到着すると比較的スムーズに30分程度で参拝ができます。

午前1時前後になると、人が徐々に多くなってくるので、1~2時間程度参拝に時間がかかるようになります。

屋台などは駅前に数店舗程度で、県内の大きな神社と比べると人が少なめなので、サクッと初詣をされたい方には非常におすすめできる寺院です。

2021年薬師寺初詣の駐車場や渋滞について

薬師寺車で向かわれる方は駐車場が100台分あります。

有料で500円/台かかるのですが、周囲の道が細く渋滞も起こる可能性があり向かいづらいので、公共交通機関を使われることをおススメします。

また、それでも駐車場が満車である可能性も考えられます…。

そこで駐車場予約サービス「akippa」というものがあります。

akippaについてはこちらの動画もわかりやすいので一度ご覧ください↓↓

こちらのakippaでは、前もって駐車場を予約する事が出来ますので、安心して初詣を楽しむ事が出来ますよ!事前に駐車場まで準備して、スムーズに初詣を楽しみましょう!

【akippa(あきっぱ!)】はこちらから予約が可能です↓↓


薬師寺初詣の屋台出店や見どころ・感想を紹介!

薬師寺の屋台などは駅前に数店舗程度で、県内の大きな神社と比べると人が少なめなので、サクッと初詣をされたい方には非常におすすめできる寺院です。

立地は西ノ京駅から徒歩10分程度で行きやすい場所になっています。薬師寺はその名の通り薬師如来がご本尊なのですが、1月中旬頃までは吉祥天女がご本尊としてまつられます。

また、この時期限定で吉祥天女の御朱印をいただくことができます。それに合わせた御守り等も販売されますのでおすすめです。

そして、もうひとつのおすすめが新春法話です。こちらの法話なのですが学校の行事に取り入れられるほどで子どもから大人まで苦なく聞くことができます。

ただただ面白おかしいというだけではなく、きちんと為になる話も聞かせていただくことができます。

私自身何度か聞かせていただいたことがあるのですが回りの他の人を見ていてもとても楽しそうでまた、終わったときには皆さん清々しい顔をしておられました。ぜひ聞いてもらいたいです。

マイナス点を挙げるとやはり人気のお寺ということもあり人は多いかなと思います。駐車場も十分な広さはありますが、ピークの時は待ち時間が長くなることが予想されます。

初詣に必要な持ち物は?お役立ちグッズを紹介!

初詣に必要な物って何があるのでしょうか?調べてみたのでチェックしてくださいね。

御守や御札・お賽銭について

まず初詣には前年に使用した、御守や御札を返納してください。ご利益の期限は1年間と言われていますので、新しい運気を呼び込む為にも忘れず持ってきましょう。

返納には返納箱が準備されていますので、そちらをご利用ください。

続いては小銭です。お賽銭の際に必要ですので、5円(ご縁)があるようこちらを用意することをおすすめします。実際に御守には5円玉が入っているものもある位、縁起の良いものですので事前準備をお願いします。

防寒対策をしっかりと準備しよう!

続いては防寒対策グッズです。

1月~に初詣に向かうかと思いますが、とてもお外は寒いです…。

特に初詣は1時間以上外にいることが多いと思いますので、防寒対策はしっかりとしていくようにしましょう!

防寒対策としては、

  • 厚着をする(ジャケット、手袋、マフラー)
  • カイロを持っていく
  • マスク

などしっかりと準備してください。

特にインフルエンザが流行しますし、大勢の方がいるのでマスクは用意したほうが良いと思います。

せっかく初詣を楽しんだのに風邪引いちゃった…。なんてことにならないようお願いしますね。汗

ただ神様にご挨拶をする時には、外した方がマナーとして良いとは思います。

と言いながら私は去年インフルエンザ見事にかかってしまいましたが。笑

インフルエンザには普通のマスクよりも効果的なインフルエンザ対策マスクがあります。

マスクにも種類があり、例えば花粉症マスクですとインフルエンザウイルスを通してしまい、意味が全くなかったりします…。

インフルエンザには「N95マスク」や「サージカルマスク」を使用してください。

  • N95マスク⇒粒子の侵入を防ぐためのもの
  • サージカルマスク⇒罹患者などから出されるウイルスを空気中に拡散させないためのもの

の違いがあります。

一般向けの抗ウイルスマスクは、ドラッグストアーや薬局などで購入できますが、「N95マスク」や「サージカルマスク」は主にネットショッピングを通じて購入しなければなりません。

仕事を控えている方や風邪を引きたくない方は必ずしてくださいね。

こちらをタップするとどんなマスクなのか詳細がありますので、一度チェックしてください↓↓

N95マスク

サージカルマスク

2021年薬師寺初詣の混雑時間・人出や渋滞のまとめ

今回は、

  • 2021年薬師寺初詣の混雑時間・人出や渋滞
  • 2021年薬師寺初詣の駐車場や屋台の出店・アクセス方法

について紹介してきました。

薬師寺の初詣は確かに混雑していますが、それ以上に行く価値がある場所だと思えたのではないでしょうか。

上記の混雑の体験や感想を元に今年は薬師寺へと検討してみてくださいね。

また、きっと来年も来よう!と思える体験が出来るかと思いますので、薬師寺で良い一年のスタートを切ってください!

それでは楽しい旅行へ!

奈良県の初詣スポットに関してはこちらでも紹介しておりますので、合わせてお読みください。