2020年下関住吉神社初詣の混雑時間や期間は?屋台や駐車場・アクセス方法も!
47都道府県の初詣スポットはここからチェック!
北海道青森秋田岩手山形宮城福島
栃木群馬茨城埼玉東京神奈川千葉
新潟長野富山石川福井岐阜愛知
山梨静岡滋賀京都兵庫大阪三重
奈良和歌山鳥取島根山口広島岡山
香川愛媛高知徳島福岡大分佐賀
長崎熊本宮崎鹿児島沖縄

こんにちは!旅行大好きKTBっす!

山口県下関にある住吉神社の初詣に行こうかと思うけど、毎年大変混雑していますよね。

出来ればピークは避けたいけどいつ行くべきなのだろう…。三が日に行きたいよなぁなんて私は考えてしまいます。新年の挨拶をしないと一年良い年に出来るかついつい不安になったりも。

しかも混雑以上に訪れる価値がそこにはありますし、混雑していても行きたくなってしまうほど魅力的な下関住吉神社ですからね。

どんな魅力があるのか?まだ知らない方の為にも下関住吉神社の情報をまとめることにしました!

そんな下関住吉神社の初詣について今回は、

  • 2020年下関住吉神社初詣の混雑時間や期間
  • 2020年下関住吉神社初詣の屋台や駐車場・アクセス方法

を紹介していこうと思います!



2020年下関住吉神社初詣の基本情報やアクセス方法

下関住吉神社の初詣は例年約10万人の人出がある人気のスポットです。

まずは下関住吉神社の基本情報から見ていきましょう!

下関住吉神社の基本情報

住吉神社は、山口県下関市一の宮住吉にある神社。式内社、長門国一宮。旧社格は官幣中社で、現在は神社本庁の別表神社。

大阪の住吉大社・博多の住吉神社とともに「日本三大住吉」の1つに数えられ、本殿は国宝に指定されています。

三韓征討に戦勝した神功皇后が、住吉大神の神恩に感謝してほこらを建て、住吉大神の荒魂をまつったのが住吉神社のおこりです。

大内弘世が再建した本殿は1370(応安3年)に完成しました。また拝殿は毛利元就が寄進したもので重要文化財になっています。宝物館には多数の宝物が保存されています。8月の風鎮祭には稲の無事収穫を祈って、盛大な盆踊りが行われます。

住吉神社(下関市)の詳細情報はこちら
名称:住吉神社(下関市)
かな:すみよしじんじゃ(しものせきし)

電話番号:083-256-2656
営業時間:06時00分 ~ 17時00分

下関住吉神社初詣のアクセス方法

山口県の住吉神社の住所は山口県下関市一の宮住吉1-11-1です。

交通情報・アクセス方法はJR新下関駅からバス5分「一の宮」下車、徒歩5分です。

下関ICから車で約10分です。近くの駅は、新下関駅、綾羅木駅です。

駐車場はあり、駐車可能台数:200台(無料)です。

また高速バスも出ていないか確認しましょう。遠方の方は高速バスで近くまで来て、そこから公共交通機関を使えば大丈夫です。



下関住吉神社初詣の混雑・混み具合について

下関住吉神社の初詣は例年約10万人が訪れるため、大晦日から三が日までは非常に混雑しております。

車で来る方も多いため周辺も非常に混雑しておりますし、ピーク時には1時間以上もかかってしまう場合もあります。

特に大晦日の深夜から元旦の朝方にかけて、そして元旦の日中は非常に混雑しております。

2日、3日と徐々に減ってはくるもののそれでも多く混雑しているので、混雑するのが苦手な方は日中は避けた方が良いでしょう。

ただどの日も日中に比べると、早朝の方が比較的空いている事が多いので、早朝に行くよう心がけましょう。

2020年下関住吉神社初詣の駐車場や渋滞について

住吉神社に1月1日に23時頃行くと、渋滞は最大で一時間程かかっているらしく私たち家族は見事に渋滞に巻き込まれてしまったためひどい目に合いました…。

でも、第二駐車場を目指していれば渋滞の中でも、30分程で駐車場に駐車出来たようです。なのでピーク時にも第二駐車場を目指す事をおすすめします。

第二駐車場はこちら

交通注意事項は、駐車場や周辺道路など大変混雑するので考慮して、公共交通機関の利用をお勧めします。が車の方が如何しても便利ですので出来るだけピーク時を避けるよう心がけましょう。

また、日の出の時刻帯は要注意ですよ。

それでも駐車場が満車である可能性も考えられます…。

そこで駐車場予約サービス「akippa」というものがあります。

akippaについてはこちらの動画もわかりやすいので一度ご覧ください↓↓

こちらのakippaでは、前もって駐車場を予約する事が出来ますので、安心して初詣を楽しむ事が出来ますよ!事前に駐車場まで準備して、スムーズに初詣を楽しみましょう!

【akippa(あきっぱ!)】はこちらから予約が可能です↓↓


下関住吉神社初詣の屋台情報

山口県下関市の一の宮住吉神社にはお正月の初もうで期間中は屋台が若干でます。

通り道には一つもなく少し離れたところにポツン、ぽつんとあります。

毎年行っていますが、毎年同じ屋台が出ているわけでもなく、名物でもありません。大きな駐車場があるのですが、駐車場側から神社にお参りする場合は一つも屋台はありません。

お食事や休憩などは神社敷地内、周辺では望めないです。あくまでも3社参りの一つとして、立ち寄る方がおすすめです。

神社と神社との間にお食事や休憩される方がよいと思います。お正月空いているお店もあまりなく限られるので、コンビニ休憩が無難かもしれません。コンビニは近くにファミリーマートやセブンイレブンがあります。



下関住吉神社初詣の見どころやおすすめポイントを紹介!

山口県下関市の一の宮住吉神社の初詣に毎年行っています。

例にもれず人も車も多いので近くの知人の家に車を止めさせてもらい少し歩いて行きます。池が見えてきたら行列も見えてきます。

みんな参拝客はお利口さんで4列に並んで少しずつ進んでいきます。

手水舎も、もちろんありますが、列から離れて手口を清めに行くと、またもとに戻れない気がするので、先に清めておくことをお勧めします。

列のまま橋を渡り階段を登ると駐車場からの列が2本増え合計6列に並んで進みます。皆お利口さんなので毎年感心します。

自分の番になったらお参りするのですが、今から参る人と終わった人でごった返します。連れがいる場合は右によけるか左によけるか打ち合わせしておくことをお勧めします。

親戚は、毎年お祓いをお願いするそうで、その場合列に並んぶことはないそうです。厄年の方はお祓いをお願いしてみたはいかがでしょうか。

初詣に必要な持ち物は?お役立ちグッズを紹介!

初詣に必要な物って何があるのでしょうか?調べてみたのでチェックしてくださいね。

御守や御札・お賽銭について

まず初詣には前年に使用した、御守や御札を返納してください。ご利益の期限は1年間と言われていますので、新しい運気を呼び込む為にも忘れず持ってきましょう。

返納には返納箱が準備されていますので、そちらをご利用ください。

続いては小銭です。お賽銭の際に必要ですので、5円(ご縁)があるようこちらを用意することをおすすめします。実際に御守には5円玉が入っているものもある位、縁起の良いものですので事前準備をお願いします。

防寒対策をしっかりと準備しよう!

続いては防寒対策グッズです。

1月~に初詣に向かうかと思いますが、とてもお外は寒いです…。

特に初詣は1時間以上外にいることが多いと思いますので、防寒対策はしっかりとしていくようにしましょう!

防寒対策としては、

  • 厚着をする(ジャケット、手袋、マフラー)
  • カイロを持っていく
  • マスク

などしっかりと準備してください。

特にインフルエンザが流行しますし、大勢の方がいるのでマスクは用意したほうが良いと思います。

せっかく初詣を楽しんだのに風邪引いちゃった…。なんてことにならないようお願いしますね。汗

ただ神様にご挨拶をする時には、外した方がマナーとして良いとは思います。

と言いながら私は去年インフルエンザ見事にかかってしまいましたが。笑

インフルエンザには普通のマスクよりも効果的なインフルエンザ対策マスクがあります。

マスクにも種類があり、例えば花粉症マスクですとインフルエンザウイルスを通してしまい、意味が全くなかったりします…。

インフルエンザには「N95マスク」や「サージカルマスク」を使用してください。

  • N95マスク⇒粒子の侵入を防ぐためのもの
  • サージカルマスク⇒罹患者などから出されるウイルスを空気中に拡散させないためのもの

の違いがあります。

一般向けの抗ウイルスマスクは、ドラッグストアーや薬局などで購入できますが、「N95マスク」や「サージカルマスク」は主にネットショッピングを通じて購入しなければなりません。

仕事を控えている方や風邪を引きたくない方は必ずしてくださいね。

こちらをタップするとどんなマスクなのか詳細がありますので、一度チェックしてください↓↓

N95マスク

サージカルマスク



2020年下関住吉神社初詣の混雑時間や期間のまとめ

今回は、

  • 2020年下関住吉神社初詣の混雑時間や期間
  • 2020年下関住吉神社初詣の屋台や駐車場・アクセス方法

について紹介してきました。

下関住吉神社はパワースポットとしては優秀だと思います。

裏の林には大きな杉の木もあり、日常を忘れマイナスイオンを浴びながら神聖な気分になることができます。

また足を延ばせばそのまま霊鷲山、火の山にまっすぐ道が続いているのでハイキング登山することもできます。駐車場も広く池には亀など生き物もいて癒されます。

落ち着く下関住吉神社ですので、是非足を運んでくださいね。

それでは楽しい旅行へ!

山口県の初詣スポットに関してはこちらでも紹介しておりますので、合わせてお読みください。