2021年下関亀山八幡宮初詣の混雑時間や人出は?駐車場やアクセス方法・屋台も!
47都道府県の初詣スポットはここからチェック!
北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城 福島
栃木 群馬 茨城 埼玉 東京 神奈川 千葉
新潟 長野 富山 石川 福井 岐阜 愛知
山梨 静岡 滋賀 京都 兵庫 大阪 三重
奈良 和歌山 鳥取 島根 山口 広島 岡山
香川 愛媛 高知 徳島 福岡 大分 佐賀
長崎 熊本 宮崎 鹿児島 沖縄

こんにちは!旅行大好きKTBっす!

亀山八幡宮の初詣に行こうかと思うけど、毎年大変混雑していますよね。

出来ればピークは避けたいけどいつ行くべきなのだろう…。三が日に行きたいよなぁなんて私は考えてしまいます。新年の挨拶をしないと一年良い年に出来るかついつい不安になったりも。

しかも混雑以上に訪れる価値がそこにはありますし、混雑していても行きたくなってしまうほど魅力的な亀山八幡宮ですからね。

どんな魅力があるのか?まだ知らない方の為にも亀山八幡宮の情報をまとめることにしました!

そんな亀山八幡宮の初詣について今回は、

  • 2021年下関亀山八幡宮初詣の混雑時間や人出
  • 2021年下関亀山八幡宮初詣の駐車場やアクセス方法・屋台

を紹介していこうと思います!



2021年亀山八幡宮初詣の基本情報やアクセス方法

山口県下関市にある亀山八幡宮。「関の氏神さま」「亀山さん」と親しまれています。

御祭神は、応神天皇、仲哀天皇、神功天皇、仁徳天皇です。

下関の観光名所の唐戸市場やしものせき水族館海響館などのすぐ近くにあります。

住所は山口県下関市中之町1-1。国道9号線沿いにあるので交通量は多いです。下関駅から公共交通機関を使用するなら、下関駅からが1番近いです。

バス使用であれば、サンデンバス(長府・北浦線)で、唐戸停留所まで約5分、その後徒歩で3分程で到着します。

タクシーであれば、下関駅から約5分で到着です。鳥居までは長い石段があり、石段を登り振り返ると関門海峡も見渡せ、眺めが抜群です。

神社内には、「世界一のふくの像」があります。下関といえば河豚ですよね。SNS映えする場所間違いなし(笑)

ご利益は、安産、学業成就、勝負運になっています。

そして、地元では、球児たちの必勝祈願の場所になっているとか!実は鳥居の「山」の文字に、昭和33年から野球ボールが挟まっているそうです。

私もしばらく下関に住んでいましたが、この情報は知りませんでした!参拝した際には、ぜひここにも注目して、見つけてみてくださいね!

開閉門時間は、

5月1日~8月31日:開門6時00分、閉門20時00分、9月1日~4月30日:開門6時00分、閉門19時00分(毎月1日、15日は5時00分開門)となっています。

観光名所が並ぶ唐戸周辺なので、参拝後も下関観光がたっぷり出来ると思いますよ。観光の際は是非行かれてみてください。

またお越しの際は高速バスも出ていないか確認しましょう。遠方の方は高速バスで近くまで来て、そこから公共交通機関を使えば大丈夫です。

亀山八幡宮初詣の混雑・混み具合について

山口県の亀山八幡宮に、12月31日の23時頃、1月1日をまたぐ感じで初詣へ毎年行っています。

だいたい見た感じでは、80人~100人以上の人がおり下の階段から行列で、駐車場もこみ合うので早い人は21時からいるのでないかと思います。

待ち時間は早くて15分から、遅くても30分から1時間は参拝に時間がかかります。お守りも人が多くなかなか変えません。

自分へのご褒美は神社で頂けるふぐ雑炊です。

2日以降に再度訪れると、港(唐戸市場・カモンワーフ)の方へ、人がよく集まるので神社のほうは人が少なくすんなりと階段を登りお参りことが可能です。

2021年亀山八幡宮初詣の駐車場や渋滞について

亀山八幡宮に1月1日の25時頃に行くと、駐車場は満車でした。

亀山八幡宮の前の道路からずっと渋滞でした。でも1時間もせずに駐車場に入ることができました。

近くにカモンワーフというところがあり、そこにも駐車場があるのでそこに停めて歩いていくのもいいかもしれないです。

少し遠くなりますが、海響館というところも歩いて5分ぐらいのところにあります。そこは立体駐車場がありたくさんの車が停められます。亀山八幡宮の駐車場が満車の場合そっちに回ればいいかもしれません。

それか最初からどちらかの駐車場に停めればスムーズに行けるかもしれません。

境内に行くまでに長い階段があります。駐車場に車を停められたのはいいですが、その階段に長蛇の列が出来ていました。お参りするまでに最低でも10分はかかったと思います。

またカウントダウンが海響館であるのでカウントダウンが終わった後ものすごく人が増えます。並ぶのが嫌な場合は24時なる前に行っていた方がいいかもしれません。

また、それでも駐車場が満車である可能性も考えられます…。

そこで駐車場予約サービス「akippa」というものがあります。

akippaについてはこちらの動画もわかりやすいので一度ご覧ください↓↓

こちらのakippaでは、前もって駐車場を予約する事が出来ますので、安心して初詣を楽しむ事が出来ますよ!事前に駐車場まで準備して、スムーズに初詣を楽しみましょう!

【akippa(あきっぱ!)】はこちらから予約が可能です↓↓


亀山八幡宮初詣の屋台・見どころや感想を紹介!

山口県下関市にある亀山八幡宮の初詣は、元旦は、元旦祭が行われます。ふぐ雑炊が振る舞われ梅茶や甘酒授与などがあるので、午前0時から多くの人で賑わっています。

本殿まで階段がとても長く登るのは大変ですが、眼下に広がる海峡の景色は絶景です。天気が良いとより景色を楽しむことができます。

長い階段を登った先に本殿があるので達成感も味わえます。下関の氏神様として地元の方に親しまれているので参拝客は非常に多く、お参りするまで少し時間が掛かります。

私が参拝した元旦は、階段下の道路の辺りまで長い列でした。少し時間に余裕を持って参拝したほうが良いかもしれません。

また、併設された駐車場がありますが正月は非常に混雑していて、車では少し不便な印象でした。ですが、亀山八幡宮は市街地にあるのでアクセスもよく、JR下関駅よりバスで行くことできます。

海沿いの景色を楽しみながら参拝できるのも大変魅力的でした。世界一大きなふぐの像もあるので、訪れた際はぜひ記念撮影をおすすめします。

初詣に必要な持ち物は?お役立ちグッズを紹介!

初詣に必要な物って何があるのでしょうか?調べてみたのでチェックしてくださいね。

御守や御札・お賽銭について

まず初詣には前年に使用した、御守や御札を返納してください。ご利益の期限は1年間と言われていますので、新しい運気を呼び込む為にも忘れず持ってきましょう。

返納には返納箱が準備されていますので、そちらをご利用ください。

続いては小銭です。お賽銭の際に必要ですので、5円(ご縁)があるようこちらを用意することをおすすめします。実際に御守には5円玉が入っているものもある位、縁起の良いものですので事前準備をお願いします。

防寒対策をしっかりと準備しよう!

続いては防寒対策グッズです。

1月~に初詣に向かうかと思いますが、とてもお外は寒いです…。

特に初詣は1時間以上外にいることが多いと思いますので、防寒対策はしっかりとしていくようにしましょう!

防寒対策としては、

  • 厚着をする(ジャケット、手袋、マフラー)
  • カイロを持っていく
  • マスク

などしっかりと準備してください。

特にインフルエンザが流行しますし、大勢の方がいるのでマスクは用意したほうが良いと思います。

せっかく初詣を楽しんだのに風邪引いちゃった…。なんてことにならないようお願いしますね。汗

ただ神様にご挨拶をする時には、外した方がマナーとして良いとは思います。

と言いながら私は去年インフルエンザ見事にかかってしまいましたが。笑

インフルエンザには普通のマスクよりも効果的なインフルエンザ対策マスクがあります。

マスクにも種類があり、例えば花粉症マスクですとインフルエンザウイルスを通してしまい、意味が全くなかったりします…。

インフルエンザには「N95マスク」や「サージカルマスク」を使用してください。

  • N95マスク⇒粒子の侵入を防ぐためのもの
  • サージカルマスク⇒罹患者などから出されるウイルスを空気中に拡散させないためのもの

の違いがあります。

一般向けの抗ウイルスマスクは、ドラッグストアーや薬局などで購入できますが、「N95マスク」や「サージカルマスク」は主にネットショッピングを通じて購入しなければなりません。

仕事を控えている方や風邪を引きたくない方は必ずしてくださいね。

こちらをタップするとどんなマスクなのか詳細がありますので、一度チェックしてください↓↓

N95マスク

サージカルマスク

2021年下関亀山八幡宮初詣の混雑時間や人出のまとめ

今回は、

  • 2021年下関亀山八幡宮初詣の混雑時間や人出
  • 2021年下関亀山八幡宮初詣の駐車場やアクセス方法・屋台

について紹介してきました。

亀山八幡宮の初詣は確かに混雑していますが、それ以上に行く価値がある場所だと思えたのではないでしょうか。

上記の混雑の体験や感想を元に今年は亀山八幡宮へと検討してみてくださいね。

また、きっと来年も来よう!と思える体験が出来るかと思いますので、亀山八幡宮で良い一年のスタートを切ってください!

それでは楽しい旅行へ!

山口県の初詣スポットに関してはこちらでも紹介しておりますので、合わせてお読みください。