2021年長崎諏訪神社初詣の混雑時間や渋滞は?屋台や駐車場・アクセス方法も!
47都道府県の初詣スポットはここからチェック!
北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城 福島
栃木 群馬 茨城 埼玉 東京 神奈川 千葉
新潟 長野 富山 石川 福井 岐阜 愛知
山梨 静岡 滋賀 京都 兵庫 大阪 三重
奈良 和歌山 鳥取 島根 山口 広島 岡山
香川 愛媛 高知 徳島 福岡 大分 佐賀
長崎 熊本 宮崎 鹿児島 沖縄

こんにちは!旅行大好きKTBっす!

長崎諏訪神社の初詣に行こうかと思うけど、毎年大変混雑していますよね。

出来ればピークは避けたいけどいつ行くべきなのだろう…。三が日に行きたいよなぁなんて私は考えてしまいます。新年の挨拶をしないと一年良い年に出来るかついつい不安になったりも。

しかも混雑以上に訪れる価値がそこにはありますし、混雑していても行きたくなってしまうほど魅力的な長崎諏訪神社ですからね。

どんな魅力があるのか?まだ知らない方の為にも長崎諏訪神社の情報をまとめることにしました!

そんな長崎諏訪神社の初詣について今回は、

  • 2021年長崎諏訪神社初詣の混雑時間や渋滞
  • 2021年長崎諏訪神社初詣の屋台や駐車場・アクセス方法

を紹介していこうと思います!



2021年長崎諏訪神社初詣の基本情報やアクセス方法

長崎諏訪神社の初詣は例年約20万人の人出がある人気のスポットです。

まずは長崎諏訪神社の基本情報から見ていきましょう!

長崎諏訪神社の基本情報

長崎諏訪神社には高麗犬(こまいぬ)の井戸(銭洗い井戸)、蛙石、陰陽石など沢山のパワースポットがあります。

高麗犬の井戸は、高麗犬の口から湧き出す水でお金を洗うと倍になると言われ、この水を飲むことにより安産のご利益があります。

次に蛙石は災難除けのご利益があります。

最後に紹介するのは陰陽石で縁結びのご利益があります。

陰陽石はよりご利益を得るために参拝の方法があります。それは、

  1. 男性は女石を踏む
  2. 拝殿前の両性が合体した石を踏んで参拝する。 女性は男石を踏む
  3. 拝殿前の両性が合体した石を踏んで参拝する。

の順番です。利用する場合は看板も出ておりますので、この順番を間違わないように参拝しましょう!

長崎諏訪神社初詣のアクセス方法や交通規制

長崎諏訪神社の住所は、長崎県長崎市上西山町18−15です。

交通アクセスは路面電車で行くのが一番良いかと思います。諏訪神社下に電停があるので、市内中心部からも迷わず行けると思います。

車で行く際は、三が日は交通規制をしている道もありますが、運が良ければ参拝者用の駐車場に停める事も出来ます。近隣にはコインパーキングも多くあります。

また高速バスも視野に入れましょう。遠方の方は高速バスで近くまで来て、そこから公共交通機関を使えば大丈夫です。

長崎諏訪神社初詣の混雑・混み具合について

例年は、1月1日の23時半頃から24時になるのを長坂の下で待って24時になった時点でお参りするのが慣例でした。

その時間に行くと毎年大勢の参拝者が集まる為身動きが取れず、しばらく歩けないほど混雑しており、名所の長坂を登るのは気を付けないと転倒するなど、小さい子供やお年寄りの方などには少し危険かもしれません。

去年は仕事の都合もあって1月3日の夕方に参拝しましたが、1日の混雑状況とはうって変わって、かなり参拝者も少なく、お参りした後に境内の庭園などをゆっくりと散策する事も出来ました。

名物であるお茶屋のぜんざいを食べるには少し待たないといけませんでしたが、ストレスを感じる事も無く、問題無く参拝する事が出来ました。

2021年長崎諏訪神社初詣の駐車場について

長崎諏訪神社には約50台収容可能な駐車場があります。

ですが、初詣時には非常に混雑・渋滞しているのでこちらに停めるのは難しいでしょう。

周辺には有料のコインパーキングもいくつかありますので、そちらも考えた方が良いかもしれません。

  • 三井のリパーク長崎諏訪神社前
  • Top24パーキング上西山町
  • 諏訪パーキング
  • 馬町駐車場


また、それでも駐車場が満車である可能性も考えられます…。

そこで駐車場予約サービス「akippa」というものがあります。

こちらのakippaでは、前もって駐車場を予約する事が出来ますので、安心して初詣を楽しむ事が出来ますよ!事前に駐車場まで準備して、スムーズに初詣を楽しみましょう!

【akippa(あきっぱ!)】はこちらから予約が可能です↓↓


長崎諏訪神社初詣の屋台情報

長崎の諏訪神社には毎年多くの人が集まり、神社への道中や周辺の道路には平均30~40ほどの屋台があります。

去年出ていた屋台の内容としては主におみくじや綿菓子、お面やリンゴあめなどの屋台がありました。

お正月ということもあってか、おみくじの屋台は普段のお祭りなどの屋台よりも数が多いように感じましたが、くじの内容は神社のものと同じようなシンプルなつくりのものが多いようでした。

また、毎年神社の目の前にあるお面を売っている屋台では、様々なキャラクターお面の他にも散歩ができるよう紐がつけられたビニール製の犬のおもちゃも売られており、初詣に来た子供達には人気のようでした。

ひょっとこやリアルな狐のお面も売っていたので大人でも楽しめそうな品ぞろえでした。また、神社を出た後の道にも屋台が続いており、たこ焼きやからあげなど軽食になりそうな屋台が集まっていました。

多くの家族連れの方がいらっしゃったので初詣の後にちょっと食べるにはちょうどよさそうでした。

長崎諏訪神社初詣の見どころやおすすめポイントを紹介!

長崎県にある諏訪神社に毎年初詣に行っています。

諏訪神社は毎年10月には長崎くんちの奉納踊りが行われる由緒ある長崎では有名な神社です。

市内中心部から近く、公共の交通機関を利用しても気軽に行ける神社ですが、境内には長坂と言われる急な階段があり、お参りするには少し体力がいるかもしれません。しかしながら、登りきった後に見る景色は爽快です。

初詣の時期は、周辺には出店なども並んでおり、正月の雰囲気を存分に味わえます。

中でもおススメなのは、神社内に一軒だけお茶屋さんがあるのですが、そこで出されるぜんざいとおはぎは絶品です!

正月期間以外でも夕方までしか営業しておらず、元旦からの3日間はかなり待ちますが、待ってでも食べる価値は十分にあると思います。

初詣に必要な持ち物は?お役立ちグッズを紹介!

初詣に必要な物って何があるのでしょうか?調べてみたのでチェックしてくださいね。

御守や御札・お賽銭について

まず初詣には前年に使用した、御守や御札を返納してください。ご利益の期限は1年間と言われていますので、新しい運気を呼び込む為にも忘れず持ってきましょう。

返納には返納箱が準備されていますので、そちらをご利用ください。

続いては小銭です。お賽銭の際に必要ですので、5円(ご縁)があるようこちらを用意することをおすすめします。実際に御守には5円玉が入っているものもある位、縁起の良いものですので事前準備をお願いします。

防寒対策をしっかりと準備しよう!

続いては防寒対策グッズです。

1月~に初詣に向かうかと思いますが、とてもお外は寒いです…。

特に初詣は1時間以上外にいることが多いと思いますので、防寒対策はしっかりとしていくようにしましょう!

防寒対策としては、

  • 厚着をする(ジャケット、手袋、マフラー)
  • カイロを持っていく
  • マスク

などしっかりと準備してください。

特にインフルエンザが流行しますし、大勢の方がいるのでマスクは用意したほうが良いと思います。

せっかく初詣を楽しんだのに風邪引いちゃった…。なんてことにならないようお願いしますね。汗

ただ神様にご挨拶をする時には、外した方がマナーとして良いとは思います。

と言いながら私は去年インフルエンザ見事にかかってしまいましたが。笑

インフルエンザには普通のマスクよりも効果的なインフルエンザ対策マスクがあります。

マスクにも種類があり、例えば花粉症マスクですとインフルエンザウイルスを通してしまい、意味が全くなかったりします…。

インフルエンザには「N95マスク」や「サージカルマスク」を使用してください。

  • N95マスク⇒粒子の侵入を防ぐためのもの
  • サージカルマスク⇒罹患者などから出されるウイルスを空気中に拡散させないためのもの

の違いがあります。

一般向けの抗ウイルスマスクは、ドラッグストアーや薬局などで購入できますが、「N95マスク」や「サージカルマスク」は主にネットショッピングを通じて購入しなければなりません。

仕事を控えている方や風邪を引きたくない方は必ずしてくださいね。

こちらをタップするとどんなマスクなのか詳細がありますので、一度チェックしてください↓↓

N95マスク

サージカルマスク

2021年長崎諏訪神社初詣の混雑時間や渋滞のまとめ

今回は、

  • 2021年長崎諏訪神社初詣の混雑時間や渋滞
  • 2021年長崎諏訪神社初詣の屋台や駐車場・アクセス方法

について紹介してきました。

長崎諏訪神社の初詣は確かに混雑していますが、それ以上に行く価値がある場所だと思えたのではないでしょうか。

上記の混雑の体験や感想を元に今年は長崎諏訪神社へと検討してみてくださいね。

また、きっと来年も来よう!と思える体験が出来るかと思いますので、長崎諏訪神社で良い一年のスタートを切ってください!

それでは楽しい旅行へ!

長崎県の初詣スポットに関してはこちらでも紹介しておりますので、合わせてお読みください。