2020年日光東照宮初詣の混雑時間や混み具合は?駐車場や夜の屋台出店情報も!
47都道府県の初詣スポットはここからチェック!
北海道青森秋田岩手山形宮城福島
栃木群馬茨城埼玉東京神奈川千葉
新潟長野富山石川福井岐阜愛知
山梨静岡滋賀京都兵庫大阪三重
奈良和歌山鳥取島根山口広島岡山
香川愛媛高知徳島福岡大分佐賀
長崎熊本宮崎鹿児島沖縄

こんにちは!旅行大好きKTBっす!

日光東照宮の初詣に行こうかと思うけど、毎年大変混雑していますよね。

出来ればピークは避けたいけどいつ行くべきなのだろう…。三が日に行きたいよなぁなんて私は考えてしまいます。新年の挨拶をしないと一年良い年に出来るかついつい不安になったりも。

しかも混雑以上に訪れる価値がそこにはありますし、混雑していても行きたくなってしまうほど魅力的な日光東照宮ですからね。

どんな魅力があるのか?まだ知らない方の為にも日光東照宮の情報をまとめることにしました!

そんな日光東照宮の初詣について今回は、

  • 2020年日光東照宮初詣の混雑時間や混み具合
  • 2020年日光東照宮初詣の駐車場や夜の屋台出店情報

を紹介していこうと思います!




2020年日光東照宮初詣の基本情報やアクセス方法

日光東照宮の初詣は例年約2万人の人出で賑わう場所です。

まずは日光東照宮の基本情報から見ていきましょう!

日光東照宮の基本情報

日光東照宮は、元和3年(1617)年徳川家康公を後際神にお祀りした神社で有名です。

400年前に建造された随所ある場所です。その為、年間来場者は3万人以上との事です。

日光東照宮は通常1300円の入場料がかかりますが、初詣の日(0:00〜2:00)は入場券が無料で配布されるので、是非覚えておきましょう。

日光東照宮の標高は634mとスカイツリーと同じ高さにあるため、夜が更けて来ると一気に気温が下がる為、暖かい格好で来ることをお勧めします。

日光東照宮はパワースポットとしても有名です。中でも有名なのは輪王寺です。重要文化財の三仏堂は、かなりのパワーを感じる事が出来るとの事です。私も実際に行きましたが、確かにパワーを感じました。

是非参考にしてみて下さい。

日光東照宮初詣のアクセス方法

日光東照宮の住所は、栃木県日光市山内2301です。

日光東照宮へのアクセス方法は、

電車の場合

  • 浅草~東武日光:約1時間50分
  • 浅草~下今市~東武日光:約1時間50分
  • 浅草~東武日光:約2時間5分
  • 新宿~東武日光:約2時間
  • 宇都宮 ~ 日光(JR日光線):約45分

お車でのアクセス方法は、東北自動車道宇都宮ICから日光宇都宮道路を経て、日光ICで下りてください。

日光ICからは約2kmで到着します。

日光東照宮初詣の混雑・混み具合について

元旦の拝観料は0:00~2:00まで無料となります。これは東照宮単独拝観券が無料となりますし、通常は1300円ととてもお得です。

ですが、皆様同じ考えでこの時間には大変多くの方がいらっしゃり混雑しております。

日光東照宮は深夜もですが、元旦の日中も混雑しておりこの2つの時間が最も注意が必要な時間です。

おすすめはどの日も早朝に向かうことです。

普段は8:00に開門するのですが、初詣時期は7:00に開門します。

なので7:00~9:00頃がおすすめの時間です。

とはいえある程度は混雑していますので、それは理解して向かうと良いでしょう。



2020年日光東照宮初詣の駐車場について

日光東照宮に1月1日13時頃に行くと、東照宮大駐車場は満車の状態で30分ほど待ってやっと入れました。

日光東照宮の周りには他にも駐車場があるみたいですが、この大駐車場が1番広く利用者が多いみたいです。

また日光東照宮にすぐいけます。どこの駐車場もいっぱいになりやすいと思うので初めから大駐車場に向かって待った方がいいかと思います。

また、日光東照宮までに行く道のりとしては、日光宇都宮道路がかなり混んでいました。私も早め早めと家を出たのですが、それでも混んでいました。

車で行く際は、覚悟を決めていきましょう。渋滞にはまってしまうと中々動かないので、お手洗いやお子さんがいる方は、事前準備をしっかりしてから行くようにしてみてください。

また、それでも駐車場が満車である可能性も考えられます…。

そこで駐車場予約サービス「akippa」というものがあります。

こちらのakippaでは、前もって駐車場を予約する事が出来ますので、安心して初詣を楽しむ事が出来ますよ!事前に駐車場まで準備して、スムーズに初詣を楽しみましょう!

【akippa(あきっぱ!)】はこちらから予約が可能です↓↓


日光東照宮初詣の屋台情報

日光東照宮の初詣はたくさんの人で毎年賑わっています。屋台が20店ほど出ています。

から揚げ、焼きそば、広島風お好み焼きなど定番のものから、じゃがバターやココア、甘酒など体が温まるものもあります。

珍しいものですと、鮎の塩焼き、本場のケバブがあります。鮎の塩焼きはこの時期だと珍しいので、毎年食べています。

おいしいですよ。毎年新しい食べ物の屋台が出てくるので楽しみにしています。屋台の他にも飲食店が多数あります。日光で有名な湯葉料理が食べられます。

いろいろな湯葉料理があって迷ってしまいます。一度では回りきれないので毎年少しずつ開拓するのもいいと思います。

とにかく駐車場が混みますので、午前中のなるべく早い時間に行くことをオススメします。

地元の私でも10時に行って少し待たされる感じですね。東照宮は世界遺産ということもありとても由緒正しい場所だと思います。ご利益もあると思うのでぜひ毎年初詣にいらっしゃるといいと思います。



日光東照宮初詣の見どころやおすすめポイントを紹介!

娘が受験生のとき、中学3年生で家族で日光東照宮に初詣に行きました。

元旦と共に1月1日 0時と共に、開門され特別参拝させてもらって、特別お札を頂くために前日31日から寒いなか家族で、門の前に1時間ほど並んだことがあります。

真っ暗ななかにも、パワーを感じで何とも言えない静けさで空気が感じたことのない酸素充分な気を身体の中が浄化されたように思えました。

開門と同時に受け付けをし、御堂に案内され、祈祷させてもらいました。お札をいただいて帰りは、日光輪王寺によりお参りして鬼門除けの申込みをしました2月4日なので。

とても寒いので我が家では、1泊2日の温泉宿に泊まりました。交通機関も特別にあるのかわかりませんがレンタカーを借りました。

参拝後は温泉宿にて暖まり、帰りに華厳の滝が氷つにおおわれたのをみておいしい物をいただいて風邪をわずらうことなく、帰ってきました。お札、参拝のおかげもありまして、無事希望どおりの学校に入ることができました!

初詣に必要な持ち物は?お役立ちグッズを紹介!

初詣に必要な物って何があるのでしょうか?調べてみたのでチェックしてくださいね。

御守や御札・お賽銭について

まず初詣には前年に使用した、御守や御札を返納してください。ご利益の期限は1年間と言われていますので、新しい運気を呼び込む為にも忘れず持ってきましょう。

返納には返納箱が準備されていますので、そちらをご利用ください。

続いては小銭です。お賽銭の際に必要ですので、5円(ご縁)があるようこちらを用意することをおすすめします。実際に御守には5円玉が入っているものもある位、縁起の良いものですので事前準備をお願いします。

防寒対策をしっかりと準備しよう!

続いては防寒対策グッズです。

1月~に初詣に向かうかと思いますが、とてもお外は寒いです…。

特に初詣は1時間以上外にいることが多いと思いますので、防寒対策はしっかりとしていくようにしましょう!

防寒対策としては、

  • 厚着をする(ジャケット、手袋、マフラー)
  • カイロを持っていく
  • マスク

などしっかりと準備してください。

特にインフルエンザが流行しますし、大勢の方がいるのでマスクは用意したほうが良いと思います。

せっかく初詣を楽しんだのに風邪引いちゃった…。なんてことにならないようお願いしますね。汗

ただ神様にご挨拶をする時には、外した方がマナーとして良いとは思います。

と言いながら私は去年インフルエンザ見事にかかってしまいましたが。笑

インフルエンザには普通のマスクよりも効果的なインフルエンザ対策マスクがあります。

マスクにも種類があり、例えば花粉症マスクですとインフルエンザウイルスを通してしまい、意味が全くなかったりします…。

インフルエンザには「N95マスク」や「サージカルマスク」を使用してください。

  • N95マスク⇒粒子の侵入を防ぐためのもの
  • サージカルマスク⇒罹患者などから出されるウイルスを空気中に拡散させないためのもの

の違いがあります。

一般向けの抗ウイルスマスクは、ドラッグストアーや薬局などで購入できますが、「N95マスク」や「サージカルマスク」は主にネットショッピングを通じて購入しなければなりません。

仕事を控えている方や風邪を引きたくない方は必ずしてくださいね。

こちらをタップするとどんなマスクなのか詳細がありますので、一度チェックしてください↓↓

N95マスク

サージカルマスク



2020年日光東照宮初詣の混雑時間や混み具合のまとめ

今回は、

  • 2020年日光東照宮初詣の混雑時間や混み具合
  • 2020年日光東照宮初詣の駐車場や夜の屋台出店情報

について紹介してきました。

日光東照宮の初詣は確かに混雑していますが、それ以上に行く価値がある場所だと思えたのではないでしょうか。

上記の混雑の体験や感想を元に今年は日光東照宮へと検討してみてくださいね。

また、きっと来年も来よう!と思える体験が出来るかと思いますので、日光東照宮で良い一年のスタートを切ってください!

それでは楽しい旅行へ!

栃木県の初詣スポットに関してはこちらでも紹介しておりますので、合わせてお読みください。