47都道府県の初詣スポットはここからチェック!
北海道青森秋田岩手山形宮城福島
栃木群馬茨城埼玉東京神奈川千葉
新潟長野富山石川福井岐阜愛知
山梨静岡滋賀京都兵庫大阪三重
奈良和歌山鳥取島根山口広島岡山
香川愛媛高知徳島福岡大分佐賀
長崎熊本宮崎鹿児島沖縄

こんにちは!旅行大好きKTBっす!

初詣には毎年行くけれど、毎年同じ場所になったりしていませんか?

私は毎年必ず足を運ぶ場所があり、とても素敵な場所なので大変満足していますしおそらく今年も参拝することでしょう。

でも最近思うのですが、実は私がそこにしか行かないだけで、探せば良い初詣スポットは沢山あるんじゃない?それってもったいない事なのではと思うようになったのです。

新年早々失敗したくもないし、少し勇気がいる気もしますがこの一歩が大事なのではと思います。

しかしどこに参拝すれば良いのかわからない…。そんな方のために東京都の初詣スポットを調べる事にしました!

そこで今回は、

”東京都のおすすめ人気初詣スポットランキング”

を紹介していこうと思います!




2020年東京都のおすすめ初詣スポット人気ランキング1位:明治神宮

東京都で一番人気があったのは明治神宮!

明治神宮は例年300万人の人出がありとても賑わっております。

明治神宮に関してはこちらの記事でも紹介しておりますので、合わせてお読みください。

関連記事⇒明治神宮初詣の混雑や人数は?おすすめ屋台や駐車場・待ち時間についても!

明治神宮のご利益や初詣情報

明治神宮は東京都渋谷区にあり、明治天皇と昭憲皇太后を祭神とする神社です。正式名称では正式な表記は「宮」の「呂」の中間の線が入らない「明治神宫」です。

1920年に創建され、今は初詣来訪者日本一の神社として大変有名です。また明治神宮は外国人向けの観光ガイドにもよくとりあげらあれており、海外からの来訪者も大変多い神社です。

明治天皇と昭憲皇太后が仲が良かったことから恋愛成就や商売繁盛など様々なご利益があるとされています。周りに自然が多いためパワースポットとして訪れる方もいます。

参拝料金は無料で、参拝可能時間ですが3月~10月は9:00~16:30、6月の土日は18:00まで、11月~2月は9:00~16:00となっています。

明治神宮の初詣に実際行った感想や口コミを紹介!

私が人生で初めて行った初詣が明治神宮でした。

まずおすすめポイントが原宿全体がお祭りムード満載であることです。通り沿いに数えきれないくらい出店が並んでいて、私はそれを知らなかったのでもう少し早い時間に行けばよかったと後悔しています。

そういったお祭りムード&初詣を満喫するのであれば、最寄りの原宿駅で降りるのではなく、表参道駅で降りて、原宿方面に向かって歩いてくると、一番堪能できるルートかと思いました。

また人酔いするほど混んでいるので、ちょっと小休憩するのであれば一本路地裏に入った喫茶店を利用すると待ち時間もなく利用することが出来るのでお勧めです。またかなり寒い時期なので寒さ対策も忘れずに行う事をお勧めします。



2020年東京都のおすすめ初詣スポット人気ランキング2位:神田神社

続いて人気があったのは神田神社!

神田神社に関してはこちらの記事でも紹介しておりますので、合わせてお読みください。

関連記事⇒神田神社(神田明神)初詣の混雑時間や期間は?屋台の出店や駐車場・アクセス方法も!

神田神社のご利益や初詣情報

神田神社は1300年以上の歴史があり、東京では5本の指に入る程の縁結びの神社です。

神田明神は、江戸(東京)を見守り続ける『江戸総鎮守』です。

近年ではラブライブとコラボしたことにより、秋葉原などから若い層の方も多く訪れるようになりました。

私はいつも秋葉原から歩いて神田神社に向かっていますが、歩いている最中もあたりにはアニメのラッピングがされた車がたくさん停まっています。神田神社はラブライブ!の舞台になった神社のためそのような車が多いのかなと思います。

御祭神には大己貴命(おおなむちのみこと)少彦名命(すくなひこなのみこと)平将門命(たいらのまさかどのみこと)らが祀らております。

縁結びの他にも、

  • 勝ち運
  • 厄除け
  • 商売繁盛
  • 健康運
  • 夫婦和合

など様々なご利益があります。

神田神社の初詣に実際行った感想や口コミを紹介!

大己貴命(おおなむちのみこと)だいこく様が縁結びの神様、少彦名命(すくなひこのみこと)だいこく様が商売繁盛の神様、平将門(たいらのまさかどのみこと)まさかど様が、除災厄除の神様が祀られています。

私は、毎年仕事始めの4日の午前中に初詣に行きます。JR御茶ノ水駅から水天宮の脇を通って神田明神へ詣でます。国道17号を左に参道がありそこから神社までは初詣の人でいっぱいです。

随神門をくぐるとすぐ右側の祭祀殿にてご祈祷の受付をしています。会社でのご祈祷は、代表者が白い羽織を着けて神殿の奥でご祈祷を受けます。

残りの者は、一段低い板の間にて受けます。ご祈祷の途中で鈴の音で厄を払っていただけます。

神殿の右手には『銭形平次』の碑があり、一度ご覧になることをおすすめします。



2020年東京都のおすすめ初詣スポット人気ランキング3位:大國魂神社

大國魂神社は例年約50万人が訪れこちらも大変人気があります。

大國魂神社に関してはこちらの記事でも紹介しておりますので、合わせてお読みください。

関連記事⇒大國魂神社初詣の混雑状況や時間帯は?臨時駐車場や屋台がいつまでかも調査!

大國魂神社のご利益や初詣情報

大國魂大神を守り神としているのですがこの神様は出雲の大国主神と同じといわれています。

縁結び、厄除け・厄払いの神様として有名ですね。私も厄払いでお世話になりました。そのおかげで特に悪い事も起こらず良い一年になりました。

この大國魂神社は西暦111年につくられたので、実に今から1908年前という事になります。約2000年も前とは…驚きですね。

とんでもなく長い歴史を持つ由緒正しい神社です。宝物殿には日本一の大太鼓が格納されており、日本三大奇祭のひとつ、くらやみ祭の際に使われます。

日本全国にたくさんあるお祭りの中で3本の指に入るなんて本当にすごい事ですよね。くらやみ祭りの期間は交通規制も行われるほど観客の多いお祭りで、毎年70万人もの人が集まるのだそうです。

大國魂神社の初詣に実際行った感想や口コミを紹介!

初詣は毎年、大國魂神社に行ってます。近場での一番大きな神社です。そして、大鳥居からすぐのところから、沢山の出店が立ち並ぶのもとても魅力的です。

焼そば、たこ焼き、お好み焼き、りんご飴、じゃがバターなどの定番もありますし、牛スジ煮込みやおでん、ラーメン、牛串やシャンピンという中国風おやきなどもあり、何度行っても楽しめます。

他ではあまり見ないおたきあげ場所もあります。フリー制なので気軽に去年のお札などを持っていっています。一番メインである出店に至っては100店舗位あるんじゃないかと思います。

ですので何度行っても飽きませんし、半日位では全部回りきれないくらいなのでうろうろするだけで楽しめます。肝心のお参りですがもちろん大行列です。

が、参列の両はじにも出店が立ち並んでいますので、全然飽きずに参列出来ますし、寒さも和らぎます。交通アクセスも良いですし、車でも1駅隣にすれば駐車場も豊富にあるので毎年、迷わず大國魂神社で初詣しています。



2020年東京都のおすすめ初詣スポット人気ランキング4位:東京大神宮

東京大神宮は例年約5人の人出があります。

東京大神宮に関してはこちらの記事でも紹介しておりますので、合わせてお読みください。

関連記事⇒東京大神宮初詣の混雑状況や待ち時間は?アクセス方法や夜の列を調査!

東京大神宮のご利益や初詣情報

東京大神宮は伊勢神宮の遥拝殿として明治13年に創建されました。

最初は日比谷に鎮座しており「日比谷大神宮」と呼ばれていましたが、関東大震災後昭和3年に今の場所に移って「飯田橋大神宮」、戦後に「東京大神宮」へと移り変わりました。

御祭神は、

  • 天照皇大神⇒伊勢神宮の内宮の御祭神
  • 豊受大神⇒伊勢神宮の外宮の御祭神
  • 天之御中主神
  • 高御産巣日神
  • 神産巣日神
  • 倭姫賣命

となっており、縁結びのご利益があると非常に有名な場所です。

天照皇大神は日本神話の太陽神として扱われる女神様で、豊受大神という豊穣の女神様、そして倭姫賣命はアマテラスにお仕えした絶世の美女神様と3柱の女神様がいらっしゃるからです。

それに加え天之御中主神、高御産巣日神、神産巣日神は「造化の三神」と呼ばれ、名前の中にある「ムスビ」が「結び」とされよりよい恋愛成就、縁結びのパワーをくれると言われているのです。

恋愛だけでなく、

  • 家内安全
  • 商売繁昌
  • 厄除開運
  • 交通安全
  • 学業成就

のご利益も有名ですので、カップル以外に家族でも楽しむことが出来ますよ☆

東京大神宮の初詣に実際行った感想や口コミを紹介!

東京大神宮は伊勢神宮と同じで、縁結びで有名です。

飯田橋という好立地にあり、街中もオシャレで大学が複数あるので飲食店も多く、散策するのにぴったりです。

東京大神宮の初詣は、神社の周りを並ぶのですがその列の隣にはコンビニもあるので、待ち時間に飲み物を飲んだりするのにも便利です。

境内に入ると手酌があり、本殿があります。左手には社務所があり、たくさんの縁結びのお守りやペアの幸せ小槌のお守り、御朱印もあります。

女性に人気なのは、おみくじで普通のおみくじよりも可愛らしく、お財布にしまいたくなるようなものです。敷地内では100円を収めれば、お伊勢さまで有名な赤福餅とお茶をいただくことができ、パワーをもらえます。

縁結びのパワースポットだけあって、参拝される方達のトキメキやキラキラ感、時折聞こえるキャキャした声などもまっして、都会のど真ん中にあるのに、優しく愛溢れる神社です。

最大のポイントは私の場合は、おみくじです(恋籤)。

何ヵ所かあるのですが、私はあまり結果がよくないと、すぐに引いて上書きしてしまうのですが、やはりその時もあまりよくない結果に場所変えて引いたら、全く同じ内容のおみくじ3回引きましたから。おみくじを引いたらではないのですが、おみくじ通りの結果でした。

願い文も心にもやもや、願いごとなど記載するとよい方向に向かうし、自分を見つめ直すチャンスかも。



2020年東京都のおすすめ初詣スポット人気ランキング5位:西新井大師

最後に紹介するのは西新井大師です。

西新井大師に関してはこちらの記事でも紹介しておりますので、合わせてお読みください。

関連記事⇒西新井大師初詣の混雑状況や参拝時間・人出!駐車場や屋台出店はいつまで? 

西新井大師のご利益や初詣情報

足立区のパワースポット西新井大師は、関東厄除け三大師の一つ。

正式名称は「五智山 遍照院 總持寺」。「西新井大師」は通称です。

女性の厄除け祈願所として有名です。東京、千葉、埼玉など関東近郊から数多くの人が訪れる厄除けの霊場です。

厄除け以外でも、祈願成就や、お宮参り、七五三、自動車交通安全祈願も行っています。

西新井大師の初詣参拝時間は、

  • 12月30日6:00〜20:00
  • 12月31日6:00〜夜通し
  • 1月1日〜24:00
  • 1月2日、3日6:00〜23:00
  • 1月4日〜7日6:00〜22:00

となっております。

参拝時は参列時ペット同伴禁止なのでご注意ください。

西新井大師の初詣に実際行った感想や口コミを紹介!

毎年、西新井大師に初詣に行きます。

地元で1番大きく有名な神社なだけに夜中でもかなり混んでいますが活気もあり賑わっています。

都会の神社に比べ、そこまで並ばなくてもお参りができますし、おみくじも何箇所かに分けて置いておいていただけるので並ばずできて嬉しいです。

お金を直接人に払うおみくじもありますが、お金を自分で入れるだけで引けるおみくじもあります。

屋台もあり、みなさん人柄が暖かい方ばかりです。子供を連れていたりするとサービスしてくれたりします。

神社ならどこでもそうかもしれませんが段差やゴツゴツした道が多いのでそういった面では小さいお子さんを連れて歩くのは少し危ないかもしれません。

お参りするところが広いのでみんなで横に立ってお金を投げたりできるところも気に入っています。

子供もいつも一緒にやっています。下町なだけに酔っ払っている方は他のところより多い気がしますが、全体的に他の神社よりスムーズにお参りできると思います。



東京都のおすすめ初詣スポット番外編!

これまでランキング形式で紹介してきましたが、他にも東京都には魅力たっぷりの場所があります。

こちらに紹介しておりますので、合わせてお読みください。

東京都の初詣に行く際にツアーやホテル・航空券をオトクにゲットする方法!

ホテルやツアーをお探しの場合には、

楽天トラベル

がおすすめです!

楽天トラベルは、

  • 28000以上の国内最大級の宿泊施設
  • オトクな楽天ポイント
  • 期間限定のキャンペーン

など魅力が詰まっています。

プランによっては購入額の30%以上のポイントが溜まったりしますし、初詣時に満杯のホテルや航空券なども楽天トラベルでは見つかる可能性も上がるはずです。

楽天トラベルについてはこちらに紹介しておりますので、合わせてお読みください。

他社では考えられないほどのお値段なども楽天トラベルでは実現している時がありますので、キャンペーン等は要チェックです!

あなたの旅行にあうプランを見つけて旅行を楽しんでくださいね。



東京都のおすすめ人気初詣スポットランキングまとめ

今回は、

”東京都のおすすめ人気初詣スポットランキング”

について紹介してまいりました。

いつもの定番初詣スポットとは違い、たまには違う神社に足を運ぶのも良いのではないでしょうか?

違った発見もあると思いますしおすすめですよ!三社参りをすると良いとも言われますし、この中から3つ選んで巡って見るのも良いかもしれません。

私も今年は毎年行く場所に加えて、新しいスポットに挑戦するつもりですので、またお話出来たらなと思います。

あなたも是非色々な初詣スポットにチャレンジしてみてくださいね!

それでは楽しい旅行へ!

東京都の初詣スポットに関してはこちらでも紹介しておりますので、合わせてお読みください。