47都道府県の初詣スポットはここからチェック!
北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城 福島
栃木 群馬 茨城 埼玉 東京 神奈川 千葉
新潟 長野 富山 石川 福井 岐阜 愛知
山梨 静岡 滋賀 京都 兵庫 大阪 三重
奈良 和歌山 鳥取 島根 山口 広島 岡山
香川 愛媛 高知 徳島 福岡 大分 佐賀
長崎 熊本 宮崎 鹿児島 沖縄

こんにちは!旅行大好きKTBっす!

知恩院の初詣に行こうかと思うけど、毎年大変混雑していますよね。

出来ればピークは避けたいけどいつ行くべきなのだろう…。三が日に行きたいよなぁなんて私は考えてしまいます。新年の挨拶をしないと一年良い年に出来るかついつい不安になったりも。

しかも混雑以上に訪れる価値がそこにはありますし、混雑していても行きたくなってしまうほど魅力的な知恩院ですからね。

どんな魅力があるのか?まだ知らない方の為にも知恩院の情報をまとめることにしました!

そんな知恩院の初詣について今回は、

  • 2021年京都知恩院初詣の混雑状況や駐車場
  • 2021年京都知恩院初詣のアクセス方法や屋台

を紹介していこうと思います!



2021年知恩院初詣の基本情報やアクセス方法

知恩院の初詣は例年多くの方が訪れる人気のスポットです。

まずは知恩院の基本情報から見ていきましょう!

知恩院の基本情報

知恩院と言えば、大晦日の除夜の鐘で有名ですよね。

勢至堂の背後には墓地が広がっており、そこには縁結びの神、『濡髪大明神』が奉られております。

毎年11月25日の14時から行われる濡髪大祭では、護摩木に書いた願い事が叶うように焚き上げて下さります。縁結びなんて聞くと女性がとても喜びそうですよね。

近くにバス停や駅もあり、京都駅からのアクセスもしやすいです。旅行に気がてら、フラッと寄ってみるのもありかもしれませんね。

大晦日は20:30に黒門が開門され、参拝者は入場する事ができます。

しかし、鐘楼周辺には一度に入れる人数は300人ほど。毎年混雑する為、並んでいても近くで見れない方が多いです。

門の外で音だけ楽しむのも一興なのかな、という感じです。

22:40から除夜の鐘が始まり、23:00には閉門されます。入らなかった人は鐘がよく聞こえる場所まで移動することになります。

何と言っても知恩院の鐘は僧侶たちの掛け声と共に1分間に108回鳴らさせることが特徴です。見応えがあり、何よりダイナミックな鐘。一度は近くで聞いてみたいものですね。

知恩院初詣のアクセス方法

知恩院の住所は、京都府京都市東山区林下町400です。

知恩院へのアクセス方法は、

車の場合

  • 名神高速道路京都南ICより約8km(約30~35分)
  • 名神高速道路京都東ICより約6km(約15~20分)

公共交通機関の場合

  • 京都駅から市バス206系統に乗車し「知恩院前」で下車徒歩5分
  • 阪急電車大阪梅田駅から阪急電車に乗り阪急河原町駅から徒歩15分

京都の東にある知恩院。最寄駅は京阪祇園四条か京阪三条ですが徒歩だと20分は掛かります。

バスはすぐ近くまで通っていますが初詣の時はとても人混みが凄くて利用は避けた方が良いと思います。

また高速バスも出ていないか確認しましょう。遠方の方は高速バスで近くまで来て、そこから公共交通機関を使えば大丈夫です。

知恩院初詣の混雑・混み具合について

一月一日の24時過ぎに京都の知恩院さんに初詣にいきました。

除夜の鐘が有名ななのでそれも見ながら初詣にと思いましたが、混雑が激しくて中に入れず外で新年を迎えました。

初詣の参拝は参道や境内が広いのですが人の多さもあってか、なかなか中にはいることができなかったのと、割と暗い中で視界も悪かったので一度諦めて家に帰りました。

そしてら近くには八坂神社があったり清水寺があったりと初詣の参拝者が多い地区にあるので知恩院さんのまわりは年が明けてすぐは人出はかなり多く、そして写真を撮ったり大声で騒いだりする人もいたので、新年を迎えて厳かな雰囲気で初詣をしたかったのですが、それは少し残念でした。

なので、日中にもう一度行きました。人は多いのですがそれほどの混雑もせずに参拝をすることができお正月らしい雰囲気を味わいながらの初詣をすることができました。

なので年が明けてすぐの夜中ではなく日中に参拝しに行くのがよかったです。

2021年知恩院初詣の駐車場について

知恩院には三門前に駐車場がありますが、現在はバス専用駐車場となっております。

なので有料のコインパーキングなどを利用しましょう。

  • タイムズ総本山知恩院源光院前(11台)
  • タイムズ総本山知恩院古門前(11台)
  • GSパーク祇園 駐車場(24台)
  • 京都市円山駐車場(134台)


ただ初詣の時期は周辺が大変渋滞しております。

また、それでも駐車場が満車である可能性も考えられます…。

そこで駐車場予約サービス「akippa」というものがあります。

akippaについてはこちらの動画もわかりやすいので一度ご覧ください↓↓

こちらのakippaでは、前もって駐車場を予約する事が出来ますので、安心して初詣を楽しむ事が出来ますよ!事前に駐車場まで準備して、スムーズに初詣を楽しみましょう!

【akippa(あきっぱ!)】はこちらから予約が可能です↓↓


知恩院初詣の屋台情報

知恩院の周辺では平安神宮の表参道から、南の知恩院、八坂神社までずら~っと並びます。

12月31日の夜から元旦まで夜通しで営業していますが、ピークの約半分位の屋台の出店となっております。

残りの屋台は、元旦の9時頃から営業開始のパターンが多いでしょう。

また1月2日からも同様に9時頃から営業開始して、参拝時間が終わるまでの営業しているところが多いです。

1月3日以降は、随分と屋台の数も減っていきます。ですが徐々に減っていくので全く無いということではありません。

もし屋台を楽しむのであれば1月3日までに向かうと良いかと思います。

知恩院初詣の見どころや感想・おすすめポイントを紹介!

私は京都在住です。知恩院に1度だけ初詣に行ったことがあります。

知恩院自体はとても大きく、広いため他に比べると圧迫感や人が多くて身動きが取れないと言うことはなかったと感じています。

知恩院のオススメはやはり正面の広く長い階段、大きな建物でしょう。下から見上げた姿はとても爽快ですし、上から下を見下ろした景色もとても爽快です。

知恩院のことを事前に調べて思いに老けながら初詣することをお勧めします。

知恩院の周辺には他にも多くの神社仏閣がありますし、風情佇む道、多くのお店があります。知恩院に初詣に行くついでに他にも多くのものを楽しめます。

京都の初詣スポットどこもとても人が多く京都の街にも多くの人が溢れかえっていますが、一歩、脇に道に入れば静かな風情は楽しめます。

初詣に必要な持ち物は?お役立ちグッズを紹介!

初詣に必要な物って何があるのでしょうか?調べてみたのでチェックしてくださいね。

御守や御札・お賽銭について

まず初詣には前年に使用した、御守や御札を返納してください。ご利益の期限は1年間と言われていますので、新しい運気を呼び込む為にも忘れず持ってきましょう。

返納には返納箱が準備されていますので、そちらをご利用ください。

続いては小銭です。お賽銭の際に必要ですので、5円(ご縁)があるようこちらを用意することをおすすめします。実際に御守には5円玉が入っているものもある位、縁起の良いものですので事前準備をお願いします。

防寒対策をしっかりと準備しよう!

続いては防寒対策グッズです。

1月~に初詣に向かうかと思いますが、とてもお外は寒いです…。

特に初詣は1時間以上外にいることが多いと思いますので、防寒対策はしっかりとしていくようにしましょう!

防寒対策としては、

  • 厚着をする(ジャケット、手袋、マフラー)
  • カイロを持っていく
  • マスク

などしっかりと準備してください。

特にインフルエンザが流行しますし、大勢の方がいるのでマスクは用意したほうが良いと思います。

せっかく初詣を楽しんだのに風邪引いちゃった…。なんてことにならないようお願いしますね。汗

ただ神様にご挨拶をする時には、外した方がマナーとして良いとは思います。

と言いながら私は去年インフルエンザ見事にかかってしまいましたが。笑

インフルエンザには普通のマスクよりも効果的なインフルエンザ対策マスクがあります。

マスクにも種類があり、例えば花粉症マスクですとインフルエンザウイルスを通してしまい、意味が全くなかったりします…。

インフルエンザには「N95マスク」や「サージカルマスク」を使用してください。

  • N95マスク⇒粒子の侵入を防ぐためのもの
  • サージカルマスク⇒罹患者などから出されるウイルスを空気中に拡散させないためのもの

の違いがあります。

一般向けの抗ウイルスマスクは、ドラッグストアーや薬局などで購入できますが、「N95マスク」や「サージカルマスク」は主にネットショッピングを通じて購入しなければなりません。

仕事を控えている方や風邪を引きたくない方は必ずしてくださいね。

こちらをタップするとどんなマスクなのか詳細がありますので、一度チェックしてください↓↓

N95マスク

サージカルマスク

2021年京都知恩院初詣の混雑状況や駐車場のまとめ

今回は、

  • 2021年京都知恩院初詣の混雑状況や駐車場
  • 2021年京都知恩院初詣のアクセス方法や屋台

について紹介してきました。

知恩院の初詣は確かに混雑していますが、それ以上に行く価値がある場所だと思えたのではないでしょうか。

上記の混雑の体験や感想を元に今年は知恩院へと検討してみてくださいね。

また、きっと来年も来よう!と思える体験が出来るかと思いますので、知恩院で良い一年のスタートを切ってください!

それでは楽しい旅行へ!

京都府の初詣スポットに関してはこちらでも紹介しておりますので、合わせてお読みください。