2021年常陸国出雲大社初詣の混雑時間や参拝人数は?屋台や駐車場・アクセス方法も!
47都道府県の初詣スポットはここからチェック!
北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城 福島
栃木 群馬 茨城 埼玉 東京 神奈川 千葉
新潟 長野 富山 石川 福井 岐阜 愛知
山梨 静岡 滋賀 京都 兵庫 大阪 三重
奈良 和歌山 鳥取 島根 山口 広島 岡山
香川 愛媛 高知 徳島 福岡 大分 佐賀
長崎 熊本 宮崎 鹿児島 沖縄

こんにちは!旅行大好きKTBっす!

常陸国出雲大社の初詣に行こうかと思うけど、毎年大変混雑していますよね。

出来ればピークは避けたいけどいつ行くべきなのだろう…。三が日に行きたいよなぁなんて私は考えてしまいます。新年の挨拶をしないと一年良い年に出来るかついつい不安になったりも。

しかも混雑以上に訪れる価値がそこにはありますし、混雑していても行きたくなってしまうほど魅力的な常陸国出雲大社ですからね。

どんな魅力があるのか?まだ知らない方の為にも常陸国出雲大社の情報をまとめることにしました!

そんな常陸国出雲大社の初詣について今回は、

  • 2021年常陸国出雲大社初詣の混雑時間や参拝人数
  • 2021年常陸国出雲大社初詣の屋台や駐車場・アクセス方法

を紹介していこうと思います!



2021年常陸国出雲大社初詣の基本情報やアクセス方法

常陸国出雲大社は例年約10万人の人出がある人気のスポットです。

まずは常陸国出雲大社の基本情報から見ていきましょう!

常陸国出雲大社の基本情報

常陸国出雲大社は、茨城県笠間市にあります。

1992年に島根県の出雲大社より分霊し竣功されました。主祭神は大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)であり、由緒は縁起です。

出雲大社といえば縁結びで有名ですので、結婚式・和装婚にオススメです!

また、縁結びのほかに、あらゆる縁を結ぶということで、家内安全・商売繁盛、子宝、幸運開運などの様々なご利益もあります。

出雲大社の拝礼作法は古来の作法である2礼4拍手1礼です。そして、出雲大社といえば、拝殿にある大しめ縄で常陸国出雲大社の大しめ縄は長さ16m、重さ6tもあります。

大しめ縄に小銭を投げ込み、3回までに小銭が落ちて来ることなくささると、願いが叶うという話もあるため、お賽銭の列に並びながら、大しめ縄の下に来ると、小銭を投げ込む人たちが多く見られます。

常陸国出雲大社初詣のアクセス方法

常陸国出雲大社の住所は、茨城県笠間市福原2001です。

常陸国出雲大社へのアクセス方法は、

  • 電車の場合⇒福原駅より徒歩7分
  • お車の場合⇒北関東自動車道笠間西I.Cより1km

国道50号線沿いにあります。

常陸国出雲大社初詣の混雑・混み具合について

常陸国出雲大社は例年約10万人の方が初詣にいらっしゃいますので、三が日は混雑しております。

三が日とも日中が一番混雑しており、特に元旦は多くの方が初詣祈願に足を運んでいます。

なので早朝の時間か夜に行くと、三が日の中でも比較的空いているのでおすすめですよ。

ですが、ぎゅうぎゅう詰めで身動きが取れないと言った程の混雑ではないので、割とスムーズに参拝出来ますよ。

また、三が日を過ぎると徐々に参拝者も減っていくので、日をずらすのもおすすめです。

周辺の大混雑している神社に比べると、動きやすいかと思いますので、混雑が苦手な方は常陸国出雲大社に訪れてみてはと思います。

2021年常陸国出雲大社初詣の駐車場や渋滞について

常陸国出雲大社には駐車場が300台設備されております。

常陸国出雲大社に1月1日の午前6時頃行くと、参拝客は少なく、第1駐車場にスムーズに停められました。

以前、12月31日の午後11時半頃行くと、高速道路出口おりた辺りから渋滞となり、なかなか進まず、駐車場に停められたのは日付が変わり1月1日の0時半頃だった経験があります。

1月2日の午後1時頃にも参拝しに行ったことがあるが、やや渋滞があり、大社内も多くの人たちが訪れていました。

駐車場は出雲大社内に第1、第2の2ヶ所あるくらいで、近くにコインパーキングもなく、コンビニもなく、周りは山と田んぼなどですし、ほかに停められるところを探すのは難しいでしょう。

また混んでいる時は出雲大社に左折で入るように促される為、水戸方面から来ると右折はできませんのでご注意ください。

また、それでも駐車場が満車である可能性も考えられます…。

そこで駐車場予約サービス「akippa」というものがあります。

こちらのakippaでは、前もって駐車場を予約する事が出来ますので、安心して初詣を楽しむ事が出来ますよ!事前に駐車場まで準備して、スムーズに初詣を楽しみましょう!

【akippa(あきっぱ!)】はこちらから予約が可能です↓↓


常陸国出雲大社初詣の屋台や見どころ・感想を紹介!

常陸の国出雲大社に初詣に行きましたが、思ってたより参拝者が少なく感じました。

時間帯にもよりますが、午後からの初詣なのと近くに笠間稲荷(日本三大稲荷)が有ったり天引観音が有ったりで立地条件が悪いのか?とも思いました。

その他に北関東自動車道が、開通して数年が経ち国道50号線の利用者が減少してるのも要因の一つに考えられます。

大洗や阿字ヶ浦での初日の出を見た人達は、そのまま北関東自動車道で、再び地元に帰る傾向にも有る様です。

本題の出雲大社の本堂に向かうのに坂がきついです。年寄りには、かなりきついのでは?と思われる感じです。

また、交通整理の警備の誘導が下手で、片側を長く停めてしまうので時間帯によっては、渋滞に巻き込まれるでしょう。

近くの笠間稲荷よりは、混雑してないのが一番のポイントだとすれば思いました。

初詣に必要な持ち物は?お役立ちグッズを紹介!

初詣に必要な物って何があるのでしょうか?調べてみたのでチェックしてくださいね。

御守や御札・お賽銭について

まず初詣には前年に使用した、御守や御札を返納してください。ご利益の期限は1年間と言われていますので、新しい運気を呼び込む為にも忘れず持ってきましょう。

返納には返納箱が準備されていますので、そちらをご利用ください。

続いては小銭です。お賽銭の際に必要ですので、5円(ご縁)があるようこちらを用意することをおすすめします。実際に御守には5円玉が入っているものもある位、縁起の良いものですので事前準備をお願いします。

防寒対策をしっかりと準備しよう!

続いては防寒対策グッズです。

1月~に初詣に向かうかと思いますが、とてもお外は寒いです…。

特に初詣は1時間以上外にいることが多いと思いますので、防寒対策はしっかりとしていくようにしましょう!

防寒対策としては、

  • 厚着をする(ジャケット、手袋、マフラー)
  • カイロを持っていく
  • マスク

などしっかりと準備してください。

特にインフルエンザが流行しますし、大勢の方がいるのでマスクは用意したほうが良いと思います。

せっかく初詣を楽しんだのに風邪引いちゃった…。なんてことにならないようお願いしますね。汗

ただ神様にご挨拶をする時には、外した方がマナーとして良いとは思います。

と言いながら私は去年インフルエンザ見事にかかってしまいましたが。笑

インフルエンザには普通のマスクよりも効果的なインフルエンザ対策マスクがあります。

マスクにも種類があり、例えば花粉症マスクですとインフルエンザウイルスを通してしまい、意味が全くなかったりします…。

インフルエンザには「N95マスク」や「サージカルマスク」を使用してください。

  • N95マスク⇒粒子の侵入を防ぐためのもの
  • サージカルマスク⇒罹患者などから出されるウイルスを空気中に拡散させないためのもの

の違いがあります。

一般向けの抗ウイルスマスクは、ドラッグストアーや薬局などで購入できますが、「N95マスク」や「サージカルマスク」は主にネットショッピングを通じて購入しなければなりません。

仕事を控えている方や風邪を引きたくない方は必ずしてくださいね。

こちらをタップするとどんなマスクなのか詳細がありますので、一度チェックしてください↓↓

N95マスク

サージカルマスク

2021年常陸国出雲大社初詣の混雑時間や参拝人数のまとめ

今回は、

  • 2021年常陸国出雲大社初詣の混雑時間や参拝人数
  • 2021年常陸国出雲大社初詣の屋台や駐車場・アクセス方法

について紹介してきました。

常陸国出雲大社の初詣は確かに混雑していますが、それ以上に行く価値がある場所だと思えたのではないでしょうか。

上記の混雑の体験や感想を元に今年は常陸国出雲大社へと検討してみてくださいね。

また、きっと来年も来よう!と思える体験が出来るかと思いますので、常陸国出雲大社で良い一年のスタートを切ってください!

それでは楽しい旅行へ!

茨城県の初詣スポットに関してはこちらでも紹介しておりますので、合わせてお読みください。