2021年熊本加藤神社初詣の混雑時間や人数は?屋台や駐車場・車のアクセス方法も!
47都道府県の初詣スポットはここからチェック!
北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城 福島
栃木 群馬 茨城 埼玉 東京 神奈川 千葉
新潟 長野 富山 石川 福井 岐阜 愛知
山梨 静岡 滋賀 京都 兵庫 大阪 三重
奈良 和歌山 鳥取 島根 山口 広島 岡山
香川 愛媛 高知 徳島 福岡 大分 佐賀
長崎 熊本 宮崎 鹿児島 沖縄

こんにちは!旅行大好きKTBっす!

加藤神社の初詣に行こうかと思うけど、毎年大変混雑していますよね。

出来ればピークは避けたいけどいつ行くべきなのだろう…。三が日に行きたいよなぁなんて私は考えてしまいます。新年の挨拶をしないと一年良い年に出来るかついつい不安になったりも。

しかも混雑以上に訪れる価値がそこにはありますし、混雑していても行きたくなってしまうほど魅力的な加藤神社ですからね。

どんな魅力があるのか?まだ知らない方の為にも加藤神社の情報をまとめることにしました!

そんな加藤神社の初詣について今回は、

  • 2021年熊本加藤神社初詣の混雑時間や人数
  • 2021年熊本加藤神社初詣の屋台や駐車場・車のアクセス方法

を紹介していこうと思います!



2021年加藤神社初詣の基本情報やアクセス方法

加藤神社は例年約42万人の人出がある人気のスポットです。

まずは加藤神社の基本情報から見ていきましょう!

加藤神社の基本情報

加藤神社は熊本城のとなりに位置しており、豊臣秀吉の側近である肥後藩主の加藤清正公を祀ってある神社です。

この加藤神社は熊本城の内にあります。建設された1871年当初は錦山神社と呼ばれていました。それから約100年後の1909年に加藤清正公の三百年祭を記念して、今の加藤神社と呼ばれるようになりました。

また加藤神社にある加藤清正のお手植えの樹は、1607年の熊本城築城の際に加藤清正が自ら植えた銀杏の樹と言われています。また加藤神社内には加藤清正公のゆかりである太鼓橋や大手水鉢、旗立石などもあります。

加藤神社へのアクセスは、最寄りの路面電車からも歩いて徒歩10分以内のところにありますので、交通の便も良いです。

また、加藤神社から熊本城も歩いて3分くらいの近さなので、加藤神社に行かれた際には是非、熊本城へ足を運ばれてみてもいいかもです。

加藤神社初詣のアクセス方法や車の渋滞について

加藤神社の住所は、熊本県熊本市中央区本丸2−1です。

熊本加藤神社の初詣には車で行きました。市街地にあるので、バスや市電でもいけますが、熊本城近くなので、山を越えなくてはならず妊婦の私にはつらかったので、車で行きました。

しかし有名な神社なのですごく混んでいて、1日の明け方に車はやはり無理でした。停められなかったです。

そこで1日は諦めて3日に行きました。3日目の夜だとさすがに人は少なく車も余裕で停められました。1日の混雑とは程遠く、露店も開いていなかったので少し寂しい感じもありました。

藤崎宮と近いこともあり、交通に関してはかなり渋滞します。

また市街地のすぐ近くですので、普段からも大渋滞です。できたら公共交通機関を使った方がいいです。

市街地からは歩いて15分はかかります。ほとんどが坂道なので、ベビーカーや車椅子はとても大変です。藤崎宮には行ったことがありませんが、加藤清正神社の方がご利益があると熊本県人の中では有名で、加藤清正さんを好きな地元民も多いです。

加藤神社初詣の混雑時間や人数について

熊本の加藤神社に12月31日の23時頃行きました。神社の前の広場で大勢の人が座ってカウントダウンを待ち構えていました。

大晦日だからといって特別なイベントはないですが、誰かが「10..9..」と言い始め、広場の皆が一体となってカウントダウンコールを言ったのはとても感動したのを今でも鮮明に覚えています。

新年が明けて、そこから加藤神社に皆が一斉に行くのでとても混雑します。

10列ぐらい並んでお詣りをしていたので、白い布を被せた大きな賽銭箱みたいなものが神社の端から端まで置いてありました。

端の列に並ぶと鐘は振れないため、中央付近が行列していました。元旦は1日中多いので人混みを避けるなら夜の9時すぎに行くと比較的空いていると思います。

また次の日の1月2日に行くと確実に空いています。また、近くの百貨店なども2日から開くので初詣の後に福袋を買うのもいいでしょう。しかし、甘酒は元旦しか販売していないのでご注意下さい。

2021年加藤神社初詣の駐車場について

加藤神社は繁華街の近くなので、駐車場も沢山ありましたので、探し回ることもありませんでした。

また新しく熊本城の近くにジョウサイエンという観光施設が出来たこともあり、加藤神社から徒歩五分のところに大きな駐車場も出来たので、今まで以上に交通の便はいいかと思います。

現地にいくとスタッフも沢山いらっしゃいますので、空駐車場への案内もスムーズにして下さるので、車でお越しの方にも比較的行きやすいかと思います。

 

また、それでも駐車場が満車である可能性も考えられます…。

そこで駐車場予約サービス「akippa」というものがあります。

こちらのakippaでは、前もって駐車場を予約する事が出来ますので、安心して初詣を楽しむ事が出来ますよ!事前に駐車場まで準備して、スムーズに初詣を楽しみましょう!

【akippa(あきっぱ!)】はこちらから予約が可能です↓↓


加藤神社初詣の屋台や見どころ・感想を紹介!

街の中心部にあり、交通の便もとても良いです。

街中にあることで、参拝する人たちも多いです。バスや、熊本城の周りを行く周遊バスなどもあり、とても行きやすい場所にあります。

三ヶ日の最終日に行きましたが、やはりまだ人で溢れていました。敷地はそんなに広くはないので参拝者が多いとお参りするまでに少し時間がかかる気がしますが、気になるほどではないです。

おみくじもたくさんの種類があり、みんなそれぞれ好きなおみくじを引いています。人気なのはやはり通常のおみくじのようです。

何より熊本城の敷地内にあり、すぐ目の前に立派な熊本城が望めます。熊本地震により、立ち入り禁止の場所があったり、修復していて見られないところがあるなど今はまだ完全に復旧はしていませんが、それでも今どこまで進んでいるのだろうかなど過程も見ることができます。

加藤神社も被災したので、一緒に頑張っているという面も見ることができるのでおすすめです。

初詣に必要な持ち物は?お役立ちグッズを紹介!

初詣に必要な物って何があるのでしょうか?調べてみたのでチェックしてくださいね。

御守や御札・お賽銭について

まず初詣には前年に使用した、御守や御札を返納してください。ご利益の期限は1年間と言われていますので、新しい運気を呼び込む為にも忘れず持ってきましょう。

返納には返納箱が準備されていますので、そちらをご利用ください。

続いては小銭です。お賽銭の際に必要ですので、5円(ご縁)があるようこちらを用意することをおすすめします。実際に御守には5円玉が入っているものもある位、縁起の良いものですので事前準備をお願いします。

防寒対策をしっかりと準備しよう!

続いては防寒対策グッズです。

1月~に初詣に向かうかと思いますが、とてもお外は寒いです…。

特に初詣は1時間以上外にいることが多いと思いますので、防寒対策はしっかりとしていくようにしましょう!

防寒対策としては、

  • 厚着をする(ジャケット、手袋、マフラー)
  • カイロを持っていく
  • マスク

などしっかりと準備してください。

特にインフルエンザが流行しますし、大勢の方がいるのでマスクは用意したほうが良いと思います。

せっかく初詣を楽しんだのに風邪引いちゃった…。なんてことにならないようお願いしますね。汗

ただ神様にご挨拶をする時には、外した方がマナーとして良いとは思います。

と言いながら私は去年インフルエンザ見事にかかってしまいましたが。笑

インフルエンザには普通のマスクよりも効果的なインフルエンザ対策マスクがあります。

マスクにも種類があり、例えば花粉症マスクですとインフルエンザウイルスを通してしまい、意味が全くなかったりします…。

インフルエンザには「N95マスク」や「サージカルマスク」を使用してください。

  • N95マスク⇒粒子の侵入を防ぐためのもの
  • サージカルマスク⇒罹患者などから出されるウイルスを空気中に拡散させないためのもの

の違いがあります。

一般向けの抗ウイルスマスクは、ドラッグストアーや薬局などで購入できますが、「N95マスク」や「サージカルマスク」は主にネットショッピングを通じて購入しなければなりません。

仕事を控えている方や風邪を引きたくない方は必ずしてくださいね。

こちらをタップするとどんなマスクなのか詳細がありますので、一度チェックしてください↓↓

N95マスク

サージカルマスク

2021年熊本加藤神社初詣の混雑時間や人数のまとめ

今回は、

  • 2021年熊本加藤神社初詣の混雑時間や人数
  • 2021年熊本加藤神社初詣の屋台や駐車場・車のアクセス方法

について紹介してきました。

加藤神社の初詣は確かに混雑していますが、それ以上に行く価値がある場所だと思えたのではないでしょうか。

上記の混雑の体験や感想を元に今年は加藤神社へと検討してみてくださいね。

また、きっと来年も来よう!と思える体験が出来るかと思いますので、加藤神社で良い一年のスタートを切ってください!

それでは楽しい旅行へ!

熊本県の初詣スポットに関してはこちらでも紹介しておりますので、合わせてお読みください。