2021年大山祇神社初詣客の人出や混雑状況は?駐車場や屋台・御朱印も紹介!
47都道府県の初詣スポットはここからチェック!
北海道青森秋田岩手山形宮城福島
栃木群馬茨城埼玉東京神奈川千葉
新潟長野富山石川福井岐阜愛知
山梨静岡滋賀京都兵庫大阪三重
奈良和歌山鳥取島根山口広島岡山
香川愛媛高知徳島福岡大分佐賀
長崎熊本宮崎鹿児島沖縄

こんにちは!旅行大好きKTBっす!

大山祇神社の初詣に行こうかと思うけど、毎年大変混雑していますよね。

出来ればピークは避けたいけどいつ行くべきなのだろう…。三が日に行きたいよなぁなんて私は考えてしまいます。新年の挨拶をしないと一年良い年に出来るかついつい不安になったりも。

しかも混雑以上に訪れる価値がそこにはありますし、混雑していても行きたくなってしまうほど魅力的な大山祇神社ですからね。

どんな魅力があるのか?まだ知らない方の為にも大山祇神社の情報をまとめることにしました!

そんな大山祇神社の初詣について今回は、

  • 2021年大山祇神社初詣客の人出や混雑状況
  • 2021年大山祇神社初詣の駐車場や屋台・御朱印

を紹介していこうと思います!



2021年大山祇神社初詣の基本情報やアクセス方法

大山祇神社の初詣は例年多くの方が訪れます。

まずは大山祇神社の基本情報から見ていきましょう!

大山祇神社の基本情報

愛媛県今治市大三島町にある大山祇神社は全国にある大山祇神社の総本山です。四国唯一の大社です。

1月1日の早朝頃には矢を取るために地元の人が多く訪れ並んでいます。

お守りには交通安全や商売繁盛、家内安全などほぼ全般を取り扱っておりますよ。

中でも、大三島はサイクリストの方が来られることが多いことから、交通安全のお守りとして、ヘルメットにつけるヘルメット守りというものがあります。サイクリストの方はほぼ全員買っているようです。

また、神社の中には樹齢3000年のクスノキ「雨乞の楠」があり日本最古のクスノキと言われています。

近くに宝物館などもあり、国宝や天然記念物などもたくさんあっておすすめですよ。

大山祇神社初詣のアクセス方法

大山祇神社の住所は愛媛県今治市大三島町宮浦3327番地です。

大山祇神社へのアクセス方法は、

車の場合

  • 尾道側から:大三島IC約10分
  • 今治側から:大三島IC  約10分

バスの場合

  • しまなみライナー大三島下車⇒島内バス約12分大山祇神社前下車⇒徒歩・約1分
  • 今治駅前約60分大山祇神社前下車⇒徒歩・約1分

以上で到着します。

また高速バスも視野に入れましょう。遠方の方は高速バスで近くまで来て、そこから公共交通機関を使えば大丈夫です。



大山祇神社初詣客の人出や混雑・混み具合について

大山祇神社の初詣客の人出は例年24000人以上です。

大山祇神社は大晦日から三が日まで非常に混雑しております。その長い列は境内から本殿にまで続き、1時間以上もかかってしまう程です。

ピークは日中で、特に元旦の日中に行くと非常に長い列になっています。大晦日の深夜から元旦の早朝も同様に注意が必要です。

三が日に行くのならば、ある程度混雑をしていますが、比較的空いている早朝か夜に参拝するのがおすすめです。

また、2日3日と日が進むに連れて徐々に少なくなっているので、日をずらすのも一つの手でしょう。

2021年大山祇神社初詣の駐車場について

大山祇神社に1月1日のお昼頃行くと、神社の駐車場は全て埋まっており、近隣にある道の駅などの駐車場もほぼ満車でした。

もともと近隣に駐車場が少なくいです。近くの駐車場はすぐに埋まります。

車を止めるのには早くても10分ほど、周りは渋滞もしていますし駐車場が空くのを待たなければいけません。

離れていると言っても歩いて10分かからないぐらいなので、早く止めたい時には良いです。

渋滞は、そこまで目立って長いことはなかったと思います。ただピークの時間帯である12時から14時ごろは、なかなか前に進めないこともあります。渋滞に遭遇したくないならばピークの時間帯を避けて行くのが良いです。

また、それでも駐車場が満車である可能性も考えられます…。

そこで駐車場予約サービス「akippa」というものがあります。

こちらのakippaでは、前もって駐車場を予約する事が出来ますので、安心して初詣を楽しむ事が出来ますよ!事前に駐車場まで準備して、スムーズに初詣を楽しみましょう!

【akippa(あきっぱ!)】はこちらから予約が可能です↓↓


大山祇神社初詣の屋台情報

大山祇神社の初詣に行きました。

屋台は10店舗ぐらいは出てるのでほんの少しですが正月気分を楽しめます。

日本総鎮守と呼ばれ、境内中央には樹齢約2,600年の神木である大楠が鎮座しており、この大楠の周りを息止めて3周回れば願い事が叶うとされてます。

神社内の楠群は日本最古の原始林社叢の楠群として、昭和26年に国の天然記念物に指定されています。

社号標(大日本総鎮守大山祇神社)の社号石は、初代内閣総理大臣の伊藤博文が明治42年3月22日参拝記念に書いたものです。

その昔は水軍の武将たちの信仰も集め、大山祇神社の神紋「折敷に三文字」を河野氏や来島村上氏が家紋にしています。勝負の神様が多く祀っており参拝者は会社を経営する社長さんがよく来るそうです。

入り口から境内に向かう距離は800メートルほどあるが空気が澄んでるので歩いて気持ちがよく元気がでてきます。神社近くには日本の国宝が7割は集まってるとされる刀や鎧が展示してる大山祇神社宝物館があります。



大山祇神社初詣の見どころやおすすめポイントを紹介!

大山祇神社の初詣は、島にある神社ですが全国的に有名なこともあり人が多く、特に1月1日と2日は多いです。3日ぐらいになるとしたいな人が減ってきていたように思います。

大山祇神社を訪れた時には是非とも、クスノキを見ていただきたいです。大きさにとても圧巻しますし、植物の生命力の凄さを感じました。

近くにある宝物館に行くのもおススメです。ここには全国から集められた国宝がたくさんあり、源義経の鎧などもあります。

また近くには、テレビで全国放送された海鮮丼が有名なお店や、お土産としてもいいお饅頭のお店などもあります。

海鮮丼は様々なネタが多くなっており、コスパも最高です。ただ有名なだけに行列ができています…。お饅頭のお店は神社の入口正面にあり、カステラと餡子の甘みが絶妙でとても美味しいですよ。

初詣に必要な持ち物は?お役立ちグッズを紹介!

初詣に必要な物って何があるのでしょうか?調べてみたのでチェックしてくださいね。

御守や御札・お賽銭について

まず初詣には前年に使用した、御守や御札を返納してください。ご利益の期限は1年間と言われていますので、新しい運気を呼び込む為にも忘れず持ってきましょう。

返納には返納箱が準備されていますので、そちらをご利用ください。

続いては小銭です。お賽銭の際に必要ですので、5円(ご縁)があるようこちらを用意することをおすすめします。実際に御守には5円玉が入っているものもある位、縁起の良いものですので事前準備をお願いします。

防寒対策をしっかりと準備しよう!

続いては防寒対策グッズです。

1月~に初詣に向かうかと思いますが、とてもお外は寒いです…。

特に初詣は1時間以上外にいることが多いと思いますので、防寒対策はしっかりとしていくようにしましょう!

防寒対策としては、

  • 厚着をする(ジャケット、手袋、マフラー)
  • カイロを持っていく
  • マスク

などしっかりと準備してください。

特にインフルエンザが流行しますし、大勢の方がいるのでマスクは用意したほうが良いと思います。

せっかく初詣を楽しんだのに風邪引いちゃった…。なんてことにならないようお願いしますね。汗

ただ神様にご挨拶をする時には、外した方がマナーとして良いとは思います。

と言いながら私は去年インフルエンザ見事にかかってしまいましたが。笑

インフルエンザには普通のマスクよりも効果的なインフルエンザ対策マスクがあります。

マスクにも種類があり、例えば花粉症マスクですとインフルエンザウイルスを通してしまい、意味が全くなかったりします…。

インフルエンザには「N95マスク」や「サージカルマスク」を使用してください。

  • N95マスク⇒粒子の侵入を防ぐためのもの
  • サージカルマスク⇒罹患者などから出されるウイルスを空気中に拡散させないためのもの

の違いがあります。

一般向けの抗ウイルスマスクは、ドラッグストアーや薬局などで購入できますが、「N95マスク」や「サージカルマスク」は主にネットショッピングを通じて購入しなければなりません。

仕事を控えている方や風邪を引きたくない方は必ずしてくださいね。

こちらをタップするとどんなマスクなのか詳細がありますので、一度チェックしてください↓↓

N95マスク

サージカルマスク



2021年大山祇神社初詣客の人出や混雑状況のまとめ

今回は、

  • 2021年大山祇神社初詣客の人出や混雑状況
  • 2021年大山祇神社初詣の駐車場や屋台・御朱印

について紹介してきました。

大山祇神社の初詣は確かに混雑していますが、それ以上に行く価値がある場所だと思えたのではないでしょうか。

上記の混雑の体験や感想を元に今年は大山祇神社へと検討してみてくださいね。

また、きっと来年も来よう!と思える体験が出来るかと思いますので、大山祇神社で良い一年のスタートを切ってください!

それでは楽しい旅行へ!

愛媛県の初詣スポットに関してはこちらでも紹介しておりますので、合わせてお読みください。