47都道府県の初詣スポットはここからチェック!
北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城 福島
栃木 群馬 茨城 埼玉 東京 神奈川 千葉
新潟 長野 富山 石川 福井 岐阜 愛知
山梨 静岡 滋賀 京都 兵庫 大阪 三重
奈良 和歌山 鳥取 島根 山口 広島 岡山
香川 愛媛 高知 徳島 福岡 大分 佐賀
長崎 熊本 宮崎 鹿児島 沖縄

こんにちは!旅行大好きKTBっす!

三十三間堂の初詣に行こうかと思うけど、毎年大変混雑していますよね。

出来ればピークは避けたいけどいつ行くべきなのだろう…。三が日に行きたいよなぁなんて私は考えてしまいます。新年の挨拶をしないと一年良い年に出来るかついつい不安になったりも。

しかも混雑以上に訪れる価値がそこにはありますし、混雑していても行きたくなってしまうほど魅力的な三十三間堂ですからね。

どんな魅力があるのか?まだ知らない方の為にも三十三間堂の情報をまとめることにしました!

そんな三十三間堂の初詣について今回は、

  • 2021年京都三十三間堂初詣の混雑状況や参拝時間
  • 2021年京都三十三間堂初詣の駐車場やアクセス・屋台

を紹介していこうと思います!



2021年三十三間堂初詣の基本情報やアクセス方法

三十三間堂の初詣は例年多くの人出があります。

まずは三十三間堂の基本情報から見ていきましょう!

三十三間堂の基本情報やご利益

三十三間というのは、「三十三間四面」に由来し、お堂内陣の柱間が33もあるという建築的な特徴からの由来で、正式名称は蓮華王院本堂と言います。

もともと後白河上皇が離宮として建てた法住寺殿があり、その一画に造営されました。1249年には火災で焼失しましたが、後嵯峨上皇によって本堂が再建されました。

また、桃山時代になると交通の要所だったことに目を付けた豊臣秀吉が大仏殿方広寺を三十三間堂の北隣に造営して、三十三間堂も境内に含まれ土塀が築かれました。

そして、現在も重要文化財に指定され太閤塀として残っています。それから、江戸時代には「通し矢」の舞台となります。

通し矢は縁の北端に的を置き、お堂西縁の南端から120メートルの距離を弓で射通し、矢数を競い合いました。

現在は「三十三間堂大的全国大会」が行われています。三十三間堂のご利益は、後白河上皇は日常的に頭痛に悩まされていました。

その頭痛を治したのが「頭痛平癌守護」と言われるお守りで、現在においても、頭痛に悩まされている人が、そのお守りで、良くなったと言われています。

三十三間堂初詣のアクセス方法

三十三間堂の住所は、京都府京都市東山区三十三間堂廻リ657です。

三十三間堂は京都駅から市バスで「博物館三十三間堂前」バス停を下車すると、すぐ近くにあります。

また高速バスも出ていないか確認しましょう。遠方の方は高速バスで近くまで来て、そこから公共交通機関を使えば大丈夫です。

三十三間堂初詣の混雑・混み具合について

初詣は全国各地で混雑していますよね。

全国平均で考えると14:00が最も混雑している時間だと言われております。

これはピーク時の時間であり、12:00~17:00の日中が混雑している時間帯です。

そして訪れるのならば午前中がオススメとなります。

しかし伏見稲荷大社のような混雑していないので、ゆっくり参拝出来るかと思います。

2021年三十三間堂初詣の駐車場について

三十三間堂には専用駐車場がございます。

  • 営業時間⇒9:00~16:00(11月16日~3月31日)
  • 駐車料金⇒無料
  • 収容台数⇒普通車50台、バス20台

となっております。

 

また、駐車場予約サービス「akippa」というものがあります。

akippaについてはこちらの動画もわかりやすいので一度ご覧ください↓↓

こちらのakippaでは、前もって駐車場を予約する事が出来ますので、安心して初詣を楽しむ事が出来ますよ!事前に駐車場まで準備して、スムーズに初詣を楽しみましょう!

【akippa(あきっぱ!)】はこちらから予約が可能です↓↓


三十三間堂初詣の屋台や見どころ・感想を紹介!

三十三間堂か好きでよく行きます。

ここには約1000体の観音様がいて、その光景は圧巻です。その中には自分の顔も似ている観音様が見つかるとの事で探しながら見るのも楽しいです。

それでいて、とても静かに拝観するのでどこか現実離れした空気感があり、日々の忙しさを忘れられて落ち着いた気持ちでいられます。

初詣はもちろん三十三間堂に行きます。

元旦から三十三間堂を参拝して新しい気持ちで一年の始まりを迎えないと気が済まないというか、初詣に行った気になれません。

初詣の時期以外にも年に数回、三十三間堂に行くのですが毎回観音様の迫力に魅了されて帰ってきます。他府県からの知人にも京都を案内する時は、必ず三十三間堂をコースに入れていて、知人を案内しています。

みんな始めの一歩を踏み入れた時点ですごく感動しています。そして、必ずまた来たいと言ってくれるので、なぜか私まで嬉しくなります。

三十三間堂は私にとってのパワースポットです。これからも通い続けたいと思います。そして、来年も初詣には行きます。

初詣に必要な持ち物は?お役立ちグッズを紹介!

初詣に必要な物って何があるのでしょうか?調べてみたのでチェックしてくださいね。

御守や御札・お賽銭について

まず初詣には前年に使用した、御守や御札を返納してください。ご利益の期限は1年間と言われていますので、新しい運気を呼び込む為にも忘れず持ってきましょう。

返納には返納箱が準備されていますので、そちらをご利用ください。

続いては小銭です。お賽銭の際に必要ですので、5円(ご縁)があるようこちらを用意することをおすすめします。実際に御守には5円玉が入っているものもある位、縁起の良いものですので事前準備をお願いします。

防寒対策をしっかりと準備しよう!

続いては防寒対策グッズです。

1月~に初詣に向かうかと思いますが、とてもお外は寒いです…。

特に初詣は1時間以上外にいることが多いと思いますので、防寒対策はしっかりとしていくようにしましょう!

防寒対策としては、

  • 厚着をする(ジャケット、手袋、マフラー)
  • カイロを持っていく
  • マスク

などしっかりと準備してください。

特にインフルエンザが流行しますし、大勢の方がいるのでマスクは用意したほうが良いと思います。

せっかく初詣を楽しんだのに風邪引いちゃった…。なんてことにならないようお願いしますね。汗

ただ神様にご挨拶をする時には、外した方がマナーとして良いとは思います。

と言いながら私は去年インフルエンザ見事にかかってしまいましたが。笑

インフルエンザには普通のマスクよりも効果的なインフルエンザ対策マスクがあります。

マスクにも種類があり、例えば花粉症マスクですとインフルエンザウイルスを通してしまい、意味が全くなかったりします…。

インフルエンザには「N95マスク」や「サージカルマスク」を使用してください。

  • N95マスク⇒粒子の侵入を防ぐためのもの
  • サージカルマスク⇒罹患者などから出されるウイルスを空気中に拡散させないためのもの

の違いがあります。

一般向けの抗ウイルスマスクは、ドラッグストアーや薬局などで購入できますが、「N95マスク」や「サージカルマスク」は主にネットショッピングを通じて購入しなければなりません。

仕事を控えている方や風邪を引きたくない方は必ずしてくださいね。

こちらをタップするとどんなマスクなのか詳細がありますので、一度チェックしてください↓↓

N95マスク

サージカルマスク

2021年京都三十三間堂初詣の混雑状況や参拝時間のまとめ

今回は、

  • 2021年京都三十三間堂初詣の混雑状況や参拝時間
  • 2021年京都三十三間堂初詣の駐車場やアクセス・屋台

について紹介してきました。

三十三間堂の初詣は確かに混雑していますが、それ以上に行く価値がある場所だと思えたのではないでしょうか。

上記の混雑の体験や感想を元に今年は三十三間堂へと検討してみてくださいね。

また、きっと来年も来よう!と思える体験が出来るかと思いますので、三十三間堂で良い一年のスタートを切ってください!

それでは楽しい旅行へ!

京都府の初詣スポットに関してはこちらでも紹介しておりますので、合わせてお読みください。


';