47都道府県の初詣スポットはここからチェック!
北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城 福島
栃木 群馬 茨城 埼玉 東京 神奈川 千葉
新潟 長野 富山 石川 福井 岐阜 愛知
山梨 静岡 滋賀 京都 兵庫 大阪 三重
奈良 和歌山 鳥取 島根 山口 広島 岡山
香川 愛媛 高知 徳島 福岡 大分 佐賀
長崎 熊本 宮崎 鹿児島 沖縄

こんにちは!旅行大好きKTBっす!

東寺の初詣に行こうかと思うけど、毎年大変混雑していますよね。

出来ればピークは避けたいけどいつ行くべきなのだろう…。三が日に行きたいよなぁなんて私は考えてしまいます。新年の挨拶をしないと一年良い年に出来るかついつい不安になったりも。

しかも混雑以上に訪れる価値がそこにはありますし、混雑していても行きたくなってしまうほど魅力的な東寺ですからね。

どんな魅力があるのか?まだ知らない方の為にも東寺の情報をまとめることにしました!

そんな東寺の初詣について今回は、

  • 2022年東寺初詣の混雑時間・人数や駐車場
  • 2022年東寺初詣のアクセス方法や屋台・露店

を紹介していこうと思います!



2022年東寺初詣の基本情報やアクセス方法

東寺は例年多くの人出があります。

まずは東寺の基本情報から見ていきましょう!

東寺の基本情報

東寺には五重塔がそびえ立ち、世界遺産にも指定された寺院です。

都の左京と右京を守るために、796年に西寺と東寺のひとつです。現在は西寺は現存されておらず、東寺も奈良時代から伝わる伽藍配置を踏まえて再建されたものです。

パワースポットとしても有名で、その中でも”金堂”が一番のパワースポットだと言われております。一番始めに建設されたのが金堂で、大地震で大打撃を受けたもののその後豊臣秀吉により再建されました。

中には、重要文化財の薬師如来坐像と日光菩薩・月光菩薩の両脇侍像がありますので、訪れた際には必ずチェックしてくださいね。

ご利益スポットとして有名な場所もいくつかあり、”不動明王坐像”が特に注目すべき場所です。

南側から参拝することでご利益が得られると言われており、そのご利益は無限大と言われております。こちらも必ず立ち寄ってくださいね。

東寺初詣のアクセス方法

東寺の住所は、京都府京都市南区九条町1です。

東寺へのアクセス方法は、

  • JR⇒「JR京都駅」(八条口)下車 1.1km徒歩約15分
  • 近鉄⇒「近鉄東寺駅」下車 0.6km徒歩約10分
  • 京阪⇒「丹波橋駅」で「近鉄丹波橋駅」乗換え 「近鉄東寺駅」下車徒歩約10分

で到着します。

東寺初詣の混雑・混み具合について

東寺は大晦日や三が日は混雑しています。

人とぶつかって動きづらい混雑というよりは、丁度良い位に混雑していると感じます。

赤ちゃん連れや年配の方でも、他の京都のスポットに行くよりは安全に動く事ができるでしょう。

念のためにベビーカーよりも抱っこ紐の方が動きやすくオススメです。

そして当日は寒いので防寒対策はしっかりとしていってくださいね!

2022年東寺初詣の駐車場について

東寺には境内に専用駐車場がございます。

営業時間は初詣時期は9:00から16:00で料金は2時間で600円です。

東寺駅周辺にコインパーキングが多数あるのでそちらも利用しましょう。

  • タイムズ東寺駅前(4台)
  • キョウテク イージーパーク東寺1号(11台)
  • Dパーキング東寺駅前(14台)

また、それでも駐車場が満車である可能性も考えられます…。

そこで駐車場予約サービス「akippa」というものがあります。

akippaについてはこちらの動画もわかりやすいので一度ご覧ください↓↓

こちらのakippaでは、前もって駐車場を予約する事が出来ますので、安心して初詣を楽しむ事が出来ますよ!事前に駐車場まで準備して、スムーズに初詣を楽しみましょう!

【akippa(あきっぱ!)】はこちらから予約が可能です↓↓

初詣に必要な持ち物は?お役立ちグッズを紹介!

初詣に必要な物って何があるのでしょうか?調べてみたのでチェックしてくださいね。

御守や御札・お賽銭について

まず初詣には前年に使用した、御守や御札を返納してください。ご利益の期限は1年間と言われていますので、新しい運気を呼び込む為にも忘れず持ってきましょう。

返納には返納箱が準備されていますので、そちらをご利用ください。

続いては小銭です。お賽銭の際に必要ですので、5円(ご縁)があるようこちらを用意することをおすすめします。実際に御守には5円玉が入っているものもある位、縁起の良いものですので事前準備をお願いします。

防寒対策をしっかりと準備しよう!

続いては防寒対策グッズです。

1月~に初詣に向かうかと思いますが、とてもお外は寒いです…。

特に初詣は1時間以上外にいることが多いと思いますので、防寒対策はしっかりとしていくようにしましょう!

防寒対策としては、

  • 厚着をする(ジャケット、手袋、マフラー)
  • カイロを持っていく
  • マスク

などしっかりと準備してください。

特にインフルエンザが流行しますし、大勢の方がいるのでマスクは用意したほうが良いと思います。

せっかく初詣を楽しんだのに風邪引いちゃった…。なんてことにならないようお願いしますね。汗

ただ神様にご挨拶をする時には、外した方がマナーとして良いとは思います。

と言いながら私は去年インフルエンザ見事にかかってしまいましたが。笑

インフルエンザには普通のマスクよりも効果的なインフルエンザ対策マスクがあります。

マスクにも種類があり、例えば花粉症マスクですとインフルエンザウイルスを通してしまい、意味が全くなかったりします…。

インフルエンザには「N95マスク」や「サージカルマスク」を使用してください。

  • N95マスク⇒粒子の侵入を防ぐためのもの
  • サージカルマスク⇒罹患者などから出されるウイルスを空気中に拡散させないためのもの

の違いがあります。

一般向けの抗ウイルスマスクは、ドラッグストアーや薬局などで購入できますが、「N95マスク」や「サージカルマスク」は主にネットショッピングを通じて購入しなければなりません。

仕事を控えている方や風邪を引きたくない方は必ずしてくださいね。

こちらをタップするとどんなマスクなのか詳細がありますので、一度チェックしてください↓↓

N95マスク

サージカルマスク

2022年東寺初詣の混雑時間・人数や駐車場まとめ

今回は、

  • 2022年東寺初詣の混雑時間・人数や駐車場
  • 2022年東寺初詣のアクセス方法や屋台・露店

について紹介してきました。

東寺の初詣は確かに混雑していますが、それ以上に行く価値がある場所だと思えたのではないでしょうか。

上記の混雑の体験や感想を元に今年は東寺へと検討してみてくださいね。

また、きっと来年も来よう!と思える体験が出来るかと思いますので、東寺で良い一年のスタートを切ってください!

それでは楽しい旅行へ!

京都府の初詣スポットに関してはこちらでも紹介しておりますので、合わせてお読みください。